読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

Vitaアプリの「動作モード」(更新版)

追記(2012/10/18)
対応アプリが増えたので、表の部分を更新したエントリーを新たに起こしました。
Vitaアプリの「動作モード」(2012年10月版)
追記(2013/4/24)
対応アプリが増え、動作モードも一部変更となったので、表の部分を更新したエントリーを新たに起こしました。
Vitaアプリの「動作モード」(2013年4月版)
追記(2013/11/8)
システムソフトウェアVer.3.00になったので、表の部分を更新したエントリーを新たに起こしました。
Vitaアプリの「動作モード」(2013年11月版)

以前、同様のタイトルで記事を書いた(Vitaアプリの「動作モード」)んだけど、それは今年の1月頃の話で、ダウンロードアプリも順次追加され、当時と事情が大分変わってきているので、一旦整理しなおしてみることにした。

で、いきなり表から。図は前回の記事のそのまま引用。

f:id:kenbot3:20120106131644g:plain

アプリ

タイプ 標準アプリ ダウンロードアプリ
ネット利用なし ・ミュージック
・フォト
PSN利用あり ・トロフィー
PS Store
・near
・フレンド
・グループメッセージング
・パーティー
・マップ
・設定
・めざまし同盟
ネット利用あり Skype for PlayStation Vita
・LiveTweet for PlayStation Vita
facebook
・Flicker
・foursquare
  • 同時起動が可能(ゲームと合わせて最大6つ)
  • 一部についてはゲーム起動中でもバックグラウンドで動作可能
    • めざまし同盟、Skype for PlayStation Vita
    • ただし、通知のみで利用に際しては画面切り替えの必要あり(その場合のゲームは一時停止の扱いになる)

ゲーム

タイプ 標準アプリ ダウンロードアプリ
ネット利用なし ・ビデオ
・コンテンツ管理
・ウェルカムパーク
PSN利用あり ・みんなといっしょ
・勇者のきろく
ネット利用あり ブラウザー
・リモートプレイ
・ニコニコ
・ペイントパーク
  • 同時起動不可。(LiveAreaまでの起動は可能)
  • アプリケーション切り替え中は「一時停止」。ネットワーク通信は切断
  • ペイントパークはアドホック通信のみ。みんなといっしょはアドホック通信あり

厳密なことを言ったりすると、違う部分もあったり、ネットワークの利用についても必須でないものもあったりするんだけど、大雑把に自分の認識で整理すると上記の様な内容になる。

そして、これをみるとやっぱり、

  • ブラウザーが「ゲーム」側なのは使い勝手が悪すぎる
    • 将来的なバージョンアップで「アプリ」側に行くことに期待したい
  • ペントパークも「ゲーム」である必要があったのかと思う
    • ペイントパークのアドホック部分が不要なので画像編集アプリが欲しい
  • 勇者のきろくも「ゲーム」なので立ち上げるのが億劫になる
    • アプリ側としてカレンダーやスケジュール機能が欲しい
  • アプリとゲームの見分けが付かないので、これを覚えるの面倒
    • デザイン上、アイコンでの区別は難しそうなのでLiveAreaで見分けられるようにならないかな?

という印象。

この辺りは、Vitaの使い勝手が良い点でもあり、悪い点でもあるので、今後どういう風に変わっていくのか、変わらずにユーザに慣れさせるのか。

どっちに向かっていくんだろうか。