読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

Vitaアプリの「動作モード」(2013年11月版)

PSVita PSVitaTV COLUMN

過去何度か、同様のタイトルで記事を書いたんだけど、システムソフトウェアが Ver.3.00 に上がったこととアプリの充実、名前の変更などがあったので、現時点でのまとめを作ってみようかな?と思った。(過去記事は文末に)

で、いきなり表から。図は以前の記事のそのまま引用。

f:id:kenbot3:20120106131644g:plain

以下、アプリとゲームの分類は起動モードの違いによるもの。

アプリ

タイプ 標準アプリ ダウンロードアプリ
ネット利用なし ・ミュージック
・フォト
ペアレンタルコントロール
PocketStation for PlayStation Vita
PSN利用あり ・トロフィー
PS Store
・near(TV未対応)
・フレンド
メッセージ
・パーティー
・設定
・めざまし同盟(TV未対応)
・Music Unlimited
各種PSMアプリ(TV未対応)
ネット利用あり ブラウザー
・メール
・マップ(TV未対応)
YouTube(TV未対応)
Radiko.jp
Skype for PlayStation Vita(TV未対応)
・LiveTweet for PlayStation Vita
facebook
Flicker
foursquare
  • 同時起動が可能(ゲームと合わせて最大6つ)
  • 一部についてはゲーム起動中でもバックグラウンドで動作可能
    • めざまし同盟、Radiko.jpSkype for PlayStation Vita
    • ただし、通知のみで利用に際しては画面切り替えの必要あり(その場合のゲームは一時停止の扱いになる)
    • PSMアプリは(一部ですが)Ver.3.10よりVitaTV対応になりました。

ゲーム

タイプ 標準アプリ ダウンロードアプリ
ネット利用なし ・ビデオ
・ウェルカムパーク
PSN利用あり ・コンテンツ管理
PS4リンク(TV未対応)
・みんなといっしょ
トレジャーパーク(TV未対応)
torne for PSVita (Vita専用)
torne for PSVita TV (TV対応)
ネット利用あり PS3リモートプレイ(TV未対応) ・ニコニコ
・ペイントパーク
・えちゃんねる
・Reader for PlayStation Vita
naspocket
  • 同時起動不可。(LiveAreaまでの起動は可能)
  • アプリケーション切り替え中は「一時停止」。ネットワーク通信は切断
  • ペイントパークはアドホック通信のみ。みんなといっしょはアドホック通信あり
  • 「勇者のきろく」は「2013年9月25日」に配信終了になりました。
  • PS4リンクはVer.3.10よりVitaTV対応になりました。(セカンドスクリーンには対応していません)

前回から追加・更新(名称変更含む)されたアプリは赤色で記載。

区分ワケについては厳密なことを言ったりすると、違う部分もあったり、ネットワークの利用についても必須でないものもあったりするんだけど、前回までと同様に大雑把に自分の認識で整理すると上記の様な内容になる。PSNの利用有無も実際と違う部分があるのでご注意。


ゲーム機らしく「ペアレンタルコントロール」が追加されていたり、PS4やスマホとも連携できる「メッセージ」が名称変更になっていたり、「Radiko.jp」や「naspocket」などのスマホっぽい実用的なアプリも増えていたりと、多機能化してきた。

以前から小まめに変貌を追ってきた自分としては、ずいぶん便利で多彩になってきたなと思うが、逆にこれから新規に始める人にとっては「もう何がなんだか」という程のボリュームなんじゃなかろうか。


なんにしても、まだ2年経っていない中で、ずいぶん変わってきたな、と思う。

来週になれば、VitaTVが発売されてサービス開始の日程は未定ながらも動画や番組のオンラインサービスのアプリが予定されているし、他にもいろんなアプリが出てくる可能性もある。

いや、あるといいなと思う。


標準アプリの追加としては、今後はもうあまり増えないかもしれないが、追加アプリケーションはまだまだ期待?出来ると思っている。

追記(2013/11/19)
VitaTV発売に合わせ、一部情報の修正と追加。VitaTV発売に合わせて配信とサービスが開始された「DMM.com」「TSUTAYA TV」「TBS世界遺産セレクション」「スカパー!オンデマンド」「テレビドガッチ」「JOYSOUND.TV Plus」はいずれもゲーム起動となりますが、本記事には特に明記しません。