読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

Vitaで遊べるゲームの種類とタイトル数(2016年1月版)

ずいぶん前にこんな記事を書いたことがある。

今日の時点でVita発売から丸4年と約1ヶ月。前回の記事から1年経ってないんだけど、なんとなく年明け最初の記事としてはこれでいいかなーという気になったので、久しぶりにまとめてみる。


去年との一番の違いは、残念ながら「PSMが終了した」という事。

既に新規のダウンロードは出来なくなっているので、このまとめ的には「1種類減った」事になる。

だが逆に去年からオープンβサービスではあるものの、「PS Nowが開始した」という事もあって、ある意味これで「PS3タイトルは遊べる」ようになったと言う事も出来るかも知れない。とはいえ、提供されているタイトル数はまだまだ決して多いとは言えないし、そもそもオンライン環境で無いと遊べないと言う制限すらあるし、そんなこと言ったら「リモートプレイ対応しているPS4タイトルなんかどうすんのさ」って事になるので、これについては除外する。

Vitaで動くのは4種類(+1種類)

今のところ、Vitaで動くゲームおよびアプリケーションの種類は大きく分けて4種類になる。ただ、VitaTV対応の有無についてはちゃんと別として考えた方がいい。

Vitaで動作可能なゲームの種類

Vitaタイトル
Vita専用に開発されたタイトル。動作モードの違いで、ゲームとアプリに分かれる。また、販売形態はパッケージ版とダウンロード版の2種類が存在する。VitaTVで動作するものもあるが、動作しないタイトルもこちらに含まれる。
VitaTV専用タイトル
VitaTV専用に開発されたタイトル。基本的にはVitaタイトルと同じになるが、Vitaでは動作しない。現時点ではダウンロード版のみで、パッケージ版は無い。Vitaで動作するものはこちらには含めない。
PSPタイトル
PSP用に開発されたタイトル。内、Vitaにて動作が確認されたものについてダウンロード版のみ利用できる。Vitaでの動作確認はされていても、VitaTVで動作しないタイトルも数はそれほど多くはないが存在する。
PSアーカイブス
PS用(初代PlayStation)に開発されたタイトル。内、Vitaにて動作が確認されたものについてダウンロード版のみ利用できる。アーカイブスとしてはPSP/PS3等と共通なのでいずれかで購入していればVitaでも再購入の必要なくダウンロードできる。PocketStation対応タイトルの場合、「PocketStation for PlayStation Vita」(無料)をダウンロードすれば、アプリとして動作させることが出来る。(PSP/PS3では未対応の機能)
PCエンジンアーカイブス
PCエンジン用に開発されたタイトル。内、Vitaにて動作が確認されたものについてダウンロード版のみ利用できる。アーカイブスとしてはPSP/PS3等と共通なのでいずれかで購入していればVitaでも再購入の必要なくダウンロードできる。

こんな感じ。(VitaTV分が+1)

VitaTV発売以後、VitaタイトルはVitaTVに対応していることも多いが、今後発売が予定されている新作タイトルでもVitaTV非対応はそれなりの数、存在する。タッチ操作やカメラ機能などに関するものは仕方が無いとしても、メーカー側の戦略的な都合で、PS4/PS3とのマルチタイトルの場合はVitaTVが除外されるケースも多い。

また、「音ゲー」などはアクションゲーム以上にタイミングがシビアなので、画面一体型のVitaと違い、テレビ側の遅延などの影響を受けやすく、ゲームのプレイフィールが大きく変わることからVitaTV非対応というケースもかなりある。この辺りは注意というか理解が必要。

対応タイトル数 (参考)

というワケで、前回までと同様に上記4種類+1について公式サイト(http://search.jp.playstation.com/)で検索してみた。

Vitaで動作が可能なタイトル数(2016/1/14現在、未発売含む)

Vitaタイトル

1,504 タイトルのゲームソフトが見つかりました

VitaTV対応タイトル (VitaTV専用タイトルを含む)

1,150 タイトルのゲームソフトが見つかりました

PSPタイトル

910 タイトルのゲームソフトが見つかりました

PSPタイトル (VitaTV対応)

874 タイトルのゲームソフトが見つかりました

PSアーカイブス

750 タイトルのゲームソフトが見つかりました

PCエンジンタイトル

47 タイトルのゲームソフトが見つかりました

【注意】

  • 上記のタイトル数はあくまでも検索結果であり実際に動作するタイトル数を保障するものではありません。
  • Vitaタイトル、VitaTV対応タイトルについてはVitaカード版およびダウンロード版で同一タイトルが重複している場合があります。
  • 上記タイトル数については同一タイトルで販売形態(特別版やベスト版、体験版など)の違いによって重複して集計されている場合があります。

こんな感じ。

前回も書いたけど、検索条件となるリンクは一応参考として記載するけれども、販売元の事情により配信が終了する場合などもあるので、増えるだけじゃなくて減ることもある。検索条件も含めてあくまでも目安なのでご注意。

まとめ

前回から約1年。


もちろん、前回同様に上の数字(タイトル数)は「パッケージ版」と「ダウンロード版」は別カウントになっているし、特別版、同梱版なども別になる。なので、単純な意味では全く使えない数字である。特にVitaタイトルについては。

そもそも、私の気まぐれでの確認なので時期的に不定であり、定点観測ではない点で比較するのも無理があるんだけど、それでもやっぱり比較してみると見えてくることはある。


過去と対比してみることにすると、

その前 前々回 前回 今回 増加数 増割合
時期 2012/10/29 2013/12/13 2015/2/3 2016/1/15 - -
日数 0 410 417 346 - -
Vita 240 542 1,002 1,504 502 50%増
VitaTV - 333 712 1,150 438 62%増
PSP 713 845 891 910 19 2%増
PSP(TV) - 817 865 874 9 1%増
PS1 647 670 738 750 12 2%増
PCE 43 47 47 47 0 なし
  • PSMは除く

2014年にPSPの出荷が終わったという事もあり、PSPの対応タイトル増加はめっきり減った。でも、PS1がわずかとはいえ増えている事を考えると、現在未対応なPSPタイトルが今後対応になることは決して無いとは言えないだろう。期待したい。

PSPが増加しなくなった代わりに、VitaとVitaTVについては増加数は毎年同じぐらいのペースで増え続けている。

にも関わらず、VitaTVとVitaの増加数は異なっていることからも、VitaTV対応タイトルの溝というか事情的な何かは結構深いなーと思ったりもするワケで。


次回があるかはわからないけど、今回までの結果はこんな感じで。