読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

Vitaで遊べるゲームの種類

追記(2013/12/13)
同様の視点で集計しなおした記事を起こしたので誘導。この1年でのタイトル数の増加傾向がある程度見られます。
Vitaで遊べるゲームの種類とタイトル数(2013年12月版)

この週末。なんとなくボンヤリとVitaPS Storeに入り浸っていた。

といってもゲームを大量に買ったとかそういうことでもなく、先日発表があったPlayStation Plusに刺激を受けたという程度の話なんだけど。うん。

で、改めてPS Storeを見ていると、

Vitaで遊べるゲームってえらい多くなったな」

というのが印象だった。増えた実感はあったものの、ここまで増えてたのか~と驚いた次第。

そういえば、私が発売日にVitaを買った頃は、アーカイブスも(何故か)「PCエンジン」しかなくて、思わず「Ys I/II」をダウンロードしたものだったっけ。あれは良い想い出。っていうか、今でもホーム画面にある。消してない。うん。

Vitaで動くのは5種類

今のところ、Vitaで動くゲームおよびアプリケーションの種類は大きく分けて5種類になる。

Vitaで動作可能なゲームの種類

Vita専用タイトル
Vita専用に開発されたタイトル。動作モードの違いで、ゲームとアプリに分かれる。また、販売形態はパッケージ版とダウンロード版の2種類が存在する。
PSPタイトル
PSP用に開発されたタイトル。内、動作が確認されたものについてダウンロード版のみ利用できる。なお、UMD版を所有している場合は(PSPから)UMDPassportを利用することで、安価に購入できるタイトルもある。
PSアーカイブス
PS用(初代PlayStation)に開発されたタイトル。内、動作が確認されたものについてダウンロード版のみ利用できる。アーカイブスとしてはPSP/PS3等と共通なのでいずれかで購入していればVitaでも再購入の必要なくダウンロードできる。
PCエンジンアーカイブス
PCエンジン用に開発されたタイトル。内、動作が確認されたものについてダウンロード版のみ利用できる。アーカイブスとしてはPSP/PS3等と共通なのでいずれかで購入していればVitaでも再購入の必要なくダウンロードできる。
PSMタイトル
PlayStation Mobile用に開発されたタイトル。PSM対応機種であれば共通なのでいずれかで購入していればVitaでも再購入の必要なくダウンロードできる。現在はVitaの他、PlayStation CertifiedAndroid OS搭載端末に対応。PS3はPSM対応予定(時期未定)。

こんな感じ。既に知っていたこととはいえ、意外と対応範囲が広いな~というのはいまさらながら驚いた。

対応タイトル数 (参考)

ついでなんで、上記5種類について公式サイトで検索してみた。

Vitaで動作が可能なタイトル数(2012/10/29現在)

Vita専用タイトル

240 タイトルのゲームソフトが見つかりました

PSP用タイトル

713 タイトルのゲームソフトが見つかりました

PSアーカイブス

647 タイトルのゲームソフトが見つかりました

PCエンジン用タイトル

43 タイトルのゲームソフトが見つかりました

PSM用タイトル

31 タイトル


【注意】

  • 上記のタイトル数はあくまでも検索結果であり実際に動作するタイトル数を保障するものではありません。
  • PS Vita専用タイトルについてはVitaカード版およびダウンロード版で同一タイトルが重複している場合があります。
  • 上記タイトル数については同一タイトルで販売形態(特別版やベスト版、体験版など)の違いによって重複して集計されている場合があります。

こんな感じ。

実際に遊べるタイトル数は上記の数字そのままではないけど、それでもそれなりの数がある事はわかる。

まとめ

冒頭に「先日発表があったPlayStation Plusに刺激を受けた」と書いたんだけど、どういう意味かといえば、

VitaPS Storeについて、PlayStation Plusで「ディスカウント」になっているタイトルが値段も含めて判りやすい形で表示される様になっていた

からだ。

無料で遊べる「フリープレイ」ばかりが注目されがちではあるけど、ディスカウントでも結構魅力的なタイトルがそろえられていたりする。

詳しくはここ。

20%引きぐらいからあるワケで、もともとのソフトの値段が2000円とか3000円ぐらいなら、この中で1本か2本買えば30日500円の元ぐらいはあっさり取れるかもしれないなぁ・・・と、リストを見ながら漠然と考えていた。

フリープレイは、PlayStation Plusを継続して利用していないと遊べないけど、ディスカウントは購入なので継続とか関係無いし。

まぁ、まだVitaの対応は始まっていないので慌てる話ではないですが。


そして、改めて見直してみると「Vitaで遊べるタイトル数って結構あるなぁ」と思った次第だった。実際はすごく増えたワケじゃないんだけど。その殆どが昔からあったタイトルだから。