読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

Vitaのカレンダー機能への今後の期待

PSVita PSVitaTV COLUMN

今から約1年前(というか11か月前)。上記の様な記事を書いた。

この記事の数か月前、2014年3月26日にVitaのシステムソフトウェアが「Ver.3.10」になって「カレンダー」機能が追加された。その時の記事はこれ。

Vitaの「カレンダー」機能に関しては、Googleカレンダーとの連携も出来ると言う意味では、今でもそれなりに使い道はあるので、「メール」機能と合わせて使っている人はそれなりに居るだろうと思う。

ただ、自分としては大いに不満なのである。それが冒頭の1年前の記事を出してきた理由。


「公式カレンダー」が、この時以来増えていないのである。


という。つまり、1年間放置されているのである。公式的に。

当時のプレコミュでも記事が起こされている。

PS Vita[カレンダー] 本日より人気4タイトルの公式カレンダー登場!

さらに! 本日6月6日(金)からは下の4タイトルの公式カレンダーが運用開始となりました!!
・『フリーダムウォーズ』
・『俺の屍を越えてゆけ2』
・『デスティニー オブ スピリッツ: アジア』
・『どこでもいっしょ

どこでもいっしょ」の関連サービスである「みんなといっしょ」は、つい先日サービスを終えた。(2015/3/31)

2015年3月31日 『みんなといっしょ』 日本地域における全サービス終了

「ディスティニー オブ スピリッツ: アジア」も、サービス終了のアナウンスがされた。

2015/3/26 『デスティニー オブ スピリッツ』サービス終了のお知らせ

この度、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、『デスティニー オブ スピリッツ: アジア』のサービスの提供を、2015年6月30日(火)をもって終了いたします。

「フリーダムウォーズ」は3月まで全国47都道府県の店頭体験会を実施しておきながら、このカレンダーの更新を全くしていなかったし、発売前からもまともに使っていなかった。

俺の屍を越えてゆけ2」も、発売前はそれなりに更新していたが、発売後は特に何もなく、公式カレンダーとして登録していて良かったという事が特になかった。


そう、「なかった」のだ。


これじゃ、他のメーカーがこれを活用しよう!という気にもならないだろう。


だって、SCEJA自体が「あー、カレンダーね。あれ、実際運用すると更新がホントメンドクサイんだよね」と公言したようなものなんだから。


そんなの最初からわかってる。


その点、Vitaの特徴の一つである「LiveArea」はずいぶん各社、各タイトルがいろいろと工夫を凝らして使い込んでいると思っている。アップデートの告知、体験版と製品版の販促的な使い方や、アニメやキャンペーン、コラボなどの各種イベントなどへの誘導、アンケートサイトなどへのリンク。とにかくいろいろ。

この機能はVitaの発売以来ずっとある機能ながら、当初1年目ぐらいまではそんなに活発には使われておらず、一部のタイトルが実験的にいろいろやってみてるなーという感じだった。今はずいぶんと違っていると感じている。

発売から日の浅い時期に書いた記事がこれ。

関連記事

当時、いろいろ感動し過ぎ!と思ったが、この3年でこれが当たり前になったという事なんだろう。事実、Vitaにおいては体験版はかなりの数が配信されているし、最近では「PS Plus」の「フリープレイ」でも広告的に使っているケースがあるワケで。

この辺り、非常にスマートにつながったな、と感心する。



だからこそ、だ。「カレンダー」機能。



これ、もっと頑張ってほしいなーと思う。たぶん、もっといろんな使い方が出来るハズなのに。

今や、Vitaで生放送を見ることは出来るし、それを告知するページもある。

生放送番組表 | プレイステーションオフィシャルサイト

Vitaのアプリである「ニコニコ」と連携出来れば、そのまま生放送を見れたりもするのに!と思う。

また、PS Storeの発売日カレンダーなんてのはもちろん今後欲しい情報だし、PS Plus のフリープレイだって毎月楽しみにしている人はいるんだし、カレンダーに情報を載せるにはうってつけの内容だ。


個人単位まで落としこめれば、PS StoreやReader Storeのカートに入れたものの発売日をカレンダーに情報として連動させたり、購入済み製品のDLC配信スケジュールを自動的に落とし込むなんて事も出来るはず。まぁ、流石にそれは飛躍しすぎだけど、それの近い事はGoogleカレンダーとの連携で、個人レベルで工夫しつつそれをやっている人はいるだろう。既に。


現時点での(Vitaの)「カレンダー」機能は、正直単なるアプリ以外の何物でもない。せっかく独自の「公式カレンダー」みたいなものもあったのに、全く発展が無いままここまで来てしまった。


この機能が今後のアップデートで残るのか、無くなるのかは判らない*1けど、個人的にはもっと「Vitaならでは」な感じに進めて欲しいと思っている。ゲームやアプリとの連携がもっとスマートに出来るように。


久しぶりの更新がこんな内容でアレだけど、このところずっと考えてきたことをグダグダと書いてみた。


まとまりなく。期待の裏返しという事で。

*1:余談としてVer.3.50で「マップ」が削除された理由の一つとして、3G通信とGPS機能を持たず、Wi-Fi位置情報が機能しないモバイルルーター利用なPCH-2000シリーズが販売の中心になってきている事と、そもそも位置情報利用となるnear機能を持たないVitaTVの存在があると思っている。カレンダーはそういう意味での関連は無いので、削除されることは無いと思うけど、使いきれていない以上は無駄機能と言われてしまう事は否めないかも。