読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

Vitaの「クレードル 」についてあれこれ

PSVita COLUMN

Vitaを買った時に「予約してまで買ったもの」が3つある。

1つ目は当然「本体(Wi-Fi版)」。自分の場合は最初から決めていたので3G/GPS版との迷いはなく。
2つ目は「16GBメモリーカード」。本当は32GBが欲しかったんだけど、そちらは入荷数未定で予約不可になっていたので。今は、買い換えて32GBを使っている。
3つ目は「クレードル」だ。Vita専用の純正クレードル

今回は、この話をしたいと思う。主に不満点に近い話だけど。

なお、ゲームは後ででいいや!と、全く予約していなかったし、その他に買ったのは保護シートとポーチだけど、別に純正品じゃないので特に予約はしていない。


Vitaクレードルは便利か?

まず、いきなりの結論に近い話。「Vitaクレードルは便利か?」について。

その結論の前に自分の今の状況を説明すると、「Vitaクレードルは使い続けている」という状態。

なので、「使わないと言う結論になる程度には不便ではない」と言える。

だが、率直な感想としては「微妙」である。不便ではないけど不満はあるし、便利と感じるシーンがかなり限られている・・・という状態。

「買って良かったか悪かったか?」という二択の質問であれば「良かった」と答えるが、「買ったほうが良いか?」という質問であれば「別にいらないんじゃね?」という回答になる。本当に、これ。人によるのである。便利と思えるかどうか、は。


クレードルの不満点

良い点を書く前に、とにかく自分の不満点はちゃんとしっかり書いておきたい。

まず、これを踏まえた上でないと、良い点を誤解させてしまいそうな気がする。

クレードルの不満点
  • 保護カバー(ハード、ソフト問わず)を使用している場合は利用できない
    • クレードルを使うためには、必ず保護カバーを外さなければならない
    • 自分は持ち歩かない自宅用なので特に保護カバーは使っていない
    • 万が一持ち歩くようにポーチは買ってあるけど今のところカバー購入の予定はなし
  • クレードル自体がかなり軽い為、本体を持ち上げるとくっついてくる
    • クレードルから離すには本体とクレードルを両手で個別に押さえる必要がある
    • 片手でやる場合は「有機EL画面を指で押さえる」ぐらいの覚悟が必要
  • クレードル自体がかなり小さく、ボタン操作には一切向かない
    • 本体サイズより小さい為、ボタンを押そうとすると、クレードルの踏ん張りが利かずにクレードルごと本体が回転する
    • タッチ操作だけなら傾斜角度以外には特に問題は無い。
    • クレードルに載せた状態でちゃんと本体をつかんでいればボタン操作は可能。
  • 充電とPC接続が同時に出来ない
    • USB充電ケーブルとPC接続ケーブルが同一である為、ケーブル側の切り替えが必要
  • 傾斜がきつく、クレードルでの操作がしづらい
    • 傾斜が動画視聴向けに調整されているようだが、角度が付きすぎていて画面の操作がしづらい
    • 低いテーブルに置くと、見づらくて首が疲れるため、少し離して置く必要がある
    • Twitterのツイートを観るだけなら使えるが、ツイートするには向いてない
  • ヘッドフォンの抜き差しはクレードルから抜かないと出来ない
    • ヘッドフォンのケーブルタイプによっては本体に挿したままクレードルに載せることはできるが、その状態で後から挿したり抜いたりしようとすると出来ない

である。さらに細かいことを言えばいろいろあるんだけど、普通に使っていての不満はこの辺り。

これを「まぁ、いいんじゃないかな」といえる使い方をする人であれば、次の「クレードル利用の想定」だけを考えれば使えると言える。


クレードル利用の想定

クレードルを使って、「納得がいく使い方」だったのはこんな所。
これを良い点と考えるかは、使う人によるので断言はできないとして。

クレードルの利用ケース
  • 長時間動画を視聴する場合
    • 寝っころがりながら指一本でポチポチやりたいときにはいい
    • ただし、画面操作を頻繁にする動画視聴の場合はあまり向かない
    • 当然、ニコニコでのコメント入力などには向かない
    • 2~3人で見る時にテーブルにおいて観れるので手が疲れない
  • スタンバイ中のPSボタン点滅を目立たせたい
    • 机に直接置かず自分の視界内で立たせておきボタンの点滅を確認したい時
    • 何かの陰に隠れたり埋もれたりさせたくないとき
  • とりあえずいつも充電状態としておきたい時
  • PCとのデータ転送中の置き場所として
    • 時間がかかる作業となる為の「作業台」として割り切る

なんか、Vita純正のクレードルだし、おしゃれっぽいし便利なんじゃね?という期待程度で考えているなら、なくても十分だと思う。自分は正直それに近かった気がする。

買わなければ良かったとは思わないが、買ったことで自分の利用の仕方がある程度固定化されてしまったような気さえする。

まぁ、一番のメリットは

Vitaの普段の置き場所を定められた』

という程度にはよかったかなと思っている程度。


ここが改善すればな~という話

Vitaクレードルを使っていての不満を上げたし、使い方のシーンも上げた。今の時点では、「便利なので購入すべし!」とは言えないし、なくてもたぶんそれほど困らない。あればあるで困らないんだけど。

ただ、もし、ここが改善すれば大分変わるよな~という点を上げると、以下の様なことを考えている。

クレードルに求めること
クレードルの重量化
とにかくクレードルが小さくて軽いことが問題。本来は、小さくて軽いことは悪くはないんだけど、Vitaの充電ケーブルは接触式ではなく「コネクタ形式」の為、抜き差しするにはある程度の力が要る。挿す方は、Vita自体の重量があるので、それほど苦はなく挿さるんだけど、抜く方はダメ。抜くたびに結構ストレスになるので、これはどうにかしたい。
クレードル傾斜の改善
たぶん、クレードルが軽いので、垂直方向に近い角度でないと「倒れる」懸念があったんだと思う。だけど、この傾斜は正直使いづらい。ベストは変更できることだが、たとえば3段階でスライドできる程度でもいいと思う。とにかく今の角度では画面操作もボタン操作もしづらいと思う。
クレードルサイズの拡大
重量が大きくなればサイズは拡大しなくてもいいかもしれないが、画面操作やボタン操作でクレードルが回転するという状況は、何のためにクレードルに置いているんだよ・・・という気になる。結局、クレードルに挿したまま両手でホールドしながら操作してるんだから。なんか変な気分になる。
充電とデータ転送の両立
もし、可能なのであれば「充電用」と「データ転送用」のケーブルを2本に分離し、片方はACアダプタ、もう片方はPCなどに繋げ、充電とデータ転送を両立することが出来ないだろうかと思う。もし、これが出来るのなら、かなりクレードルとしての存在意義が上がる。
保護カバー利用との併用利用
様々なサードパーティーから保護カバーがでているにも関わらず、結果的にクレードルと両立は出来ていない。大切に使いたいモバイル機器である以上、保護カバーの重要度は無視できない。保護カバー装着との併用を求めたいところ。

今の「Vitaクレードル」は、正直「長時間の動画視聴」以外では殆ど利用価値はない。

こういう点が改善されたサードパーティー製でもクレードルが出たら、普通に乗り換えちゃうかもしれない。


まとめ

今のところ、自分はこの純正クレードルを充電台としてかなり割り切っているので、それはそれで困っているという事はない。

でもデータ転送をするのにいちいちケーブルを繋ぎなおしているのに面倒を感じているし、そもそも毎回のクレードルから取り出すときにくっついてくるのにイライラしていたりする。どこかのホームセンターで重しを買ってきてつけようかと考えているぐらいに。

いっそのこと、クレードルの存在意義を全否定する形で、充電はケーブル接続とした上で単なる本体置き台をなんか作ったりした方がいいんじゃないか?と考えている。トロフィーの記念皿みたいなのを置いたりするあの置き台みたいな感じで。

それなら、保護カバーにとらわれずに利用できるだろうし、角度も変えたりできるかもしれない。

本体と全く関係ない話かも知れないけど、純正品のクレードルであるにも関わらず「ホントにこれデザインした後使ってみたの?」と言いたくなる状況に、ちょっとガッカリもしている。

そういう意味では、クレードルはかなり改善の余地があるので、サードパーティー製でもいいので、なんかいいクレードルが欲しいと思うのであった。

追記 (2013/1/29)
クレードルについての基本的な意見は上記のままで変わらないですが、"torne PS Vita" の利用においては、画面隅にもっともよく使う△ボタンと×ボタンを割り当ててあり、クレードルとの相性はかなり良い。当然、両手で持ってボタン操作する方が軽快ではあるが、長時間の視聴をすることもあるし、「クレードルを持っていて良かった!」と思いました。(関連記事⇒http://kenbot3.hatenablog.com/entry/2012/12/21/124547
追記 (2013/8/16)
PCおよびnasneへのデータ転送については、システムソフトウェアのバージョンアップとコンテンツ管理アシスタントの機能改善によりWi-Fi接続が可能となった為にケーブルの切り替えは特に必要無くなった。動画試聴などでもずいぶん便利になった。PS3は必要。