読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

スマホで出来てVitaで出来ないこと?

追記(2012/11/20)
この記事は2012年2月時点です。近日アップデートが予定されているVer.2.00以降で大きく代わりますので、ご注意ください。(その際は内容を更新したいと思います)
追記(2012/11/22)
Ver.2.00対応版で記事を起こし直しました。そちらを参照してください。
スマホで出来てVitaで出来ないこと? (Ver.2.00)
追記(2013/12/26)
Ver.3.00対応版で記事を起こし直しました。
スマホで出来てVitaで出来ないこと? (Ver.3.00)
追記(2016/4/8)
Ver.3.60対応版で記事を起こし直しました。2015年の変動を反映しました。⇒ スマホで出来てVitaで出来ないこと? (Ver.3.60)

Vitaについては、見た目のデザインはPSPと大きく違わないように見えて、その中身的にはゲーム機というよりスマホとして考えた方がシックリくるんだよな~というのが実感。

実際そういう風に説明している記事も多い。会社でそういう話をすると、「ならスマホでいいじゃないですか」と言われることもあり、確かにそうなんだけどね~と特に反論できる訳じゃなく。

そういえばちょうど動画撮影とマップ機能が Ver 1.6x から追加されたというタイミングだし、いっそのこと説明の為にも「対比表作ってみた方が早くね?」と思ったので、作ってみることにした。どちらかというと持っている人には当たり前の話で、「持っていない人の為の話」という感じ?かも。

当然、Vitaは3G版とWi-Fi版の2種類しかないのに対し、スマホはそれこそ数え切れないぐらいあるので、とりあえず一般的なスマホっぽいイメージで比較してみることにした。なにそのあいまいな感じ?という気がするが、別にスマホの特定機種と比較したところで意味ないし。

あと、画面サイズとか処理速度とか。スペックとか操作性とか、そういう比較とかじゃないから!

ケータイとしての比較

スマホは電話機ではなく、電話が出来る小型のパソコンだ!などと紹介されることもあるが、それでも一般的なニーズと認知としては「ケータイ電話機」である。「スマートフォン」の「フォン」が電話である以上、そうだと言い切ってみる。

なら、ケータイ電話機としての機能で比較してみるとどうなるんだろう?という話。まず、基本的な部分から。

機能名 スマホ PS Vita Vita補足説明
電話機能 ○ 公衆回線 × 付加 Vitaは通話用電話番号を持たない
4/25~Skype経由で利用可
電話帳 ○ アドレス帳 △ フレンド機能 PIM管理は出来ない*1
メール機能 ○ キャリアメール × 対応なし PSN登録用にメアドは必須
振動機能 ○ 設定可能 × 不可 バイブレーション機能なし
機内モード △ 機種による ○ 全通信停止 マナーモードとは別
名刺交換 ○ 可能 △ みんいつ アドホックによる交換可能

Vitaは電話機じゃないので、基本的に×。「電話」は出来ないとはいえ、音声チャットは出来たりする。これは後述。

当然、電話やメールを送る為のアドレス帳もない。ただ、アドレス帳はないけれども、Vitaの場合は「SEN(PSN)のフレンド機能」により、アクティビティーやコンタクトをとる為の手段が用意されている。当然、電話番号や住所などは見れないけれども、公開設定によっては「性別」「誕生日」と「都道府県」ぐらいは見られるようになっている。

この為、「名刺交換」はフレンド登録の為になっていて、Vitaでは「みんなといっしょ」(みんいつ)がそれを行なう為のアプリとして無料公開されている。

そして、そもそもの通信機能(電話以外)はというと、

機能名 スマホ PS Vita Vita補足説明
データ通信 LTE/3G △ 3G 3Gモデルで契約時のみ
Wi-Fi通信 ○ b/g/n ○ b/g/n IEEE802.11b/g/nの意味
アドホック通信 × なし ○ ゲーム時 PSPとの互換あり
Bluetooth通信 ○ 対応可能 ○ 対応可能 対応プロファイル制限あり
赤外線通信 ○ 可能 × 不可 赤外線ポートなし

電話としては使えないけど、通信機能は比較的充実しているというのはやはりゲーム機という事だからだと思う。

でも、赤外線はないので「テレビリモコン」は将来も対応はできないですね。ただまぁ、VitaのOSを家電に展開する!という計画自体はあるみたいなので、AV機器ぐらいは操作できるようになるかもしれません。赤外線じゃない方法で。


カメラ/地図などの便利ツールとしての比較

日本のガラケーと呼ばれる携帯電話になんでも機能を追加しました!みたいな流れで、スマホも多機能化が進んでおり、いまや「何でもある」という状態になっている。スマホを十得ナイフにたとえる人もいるけど、Vitaで比較するとこんな感じ。

機能名 スマホ PS Vita Vita補足説明
カレンダー ○ あり × なし スケジュール/ToDoとは別
スケジュール ○ あり × なし 4/19~勇者のきろくで対応
電卓 ○ あり × なし  
メモ帳 ○ あり × なし  
カメラ(写真) ○ 可能 ○ 可能 ズーム不可
カメラ(動画) ○ 可能 ○ 可能 Ver.1.60~。ズーム不可
バーコードリーダ ○ 可能 △ なし ゲームにより対応
画像編集 ○ あり × なし 4/19~ペイントパークで対応
位置情報 GPSあり ○ 3G/GPS Wi-Fi版でも取得は可能
動画再生 ○ 可能 ○ 可能 PSStore購入可能
音楽再生 ○ 可能 ○ 可能 コンテンツ管理での転送
音声録音 △ 音声メモ × なし マイクはあり

スケジュール、タスク管理、ToDo管理と呼ばれる類のアプリについては、時期未定ではあるけど「勇者のきろく」*2というのがある。ゲーム感覚でタスク管理を友達と競いながらやろう!というアプリ。これはこれで気になっているんだけど、普通のカレンダーとかでもいいのでぜひとも欲しいところ。

電卓もないし、バーコードリーダーもないし、画像編集も出来ないし。個人的には、テキストのメモ帳と画像のメモ帳、手書きのメモ帳、画面スナップのメモ帳などをカレンダーとまとめて管理できるアプリがあると結構便利だろうな・・・と、思う。

やっぱりスマホに比べると便利ツールとしての機能は不足気味。物足りない、「スマホでいいじゃん!」と言われる部分はここかも知れない。


コミュニケーションツールとしての比較

家族や友人、知人とコミュニケーションをするのは電話だけじゃない。まぁ、仕事の電話はちょっとイヤだとしても。なんにしても、電話機能以外でのコミュニケーション、コンタクトツールとしてみた場合の比較をしてみる。

機能名 スマホ PS Vita Vita補足説明
音声チャット △ 機種により ○ パーティー フレンド登録が必要
テキストチャット △ 機種により ○ パーティー フレンド登録が必要
ダイレクトメッセージ △ 機種により ○ あり グループメッセージングで対応可能
フレンド登録 × 概念なし ○ みんなといっしょ みんいつで名刺交換により実現
アクティビティー × 概念なし ○ フレンド 非公開設定可能
トロフィー × 概念なし ○ トロフィー ゲーム進捗状況の公開

Vitaの場合は、SEN(PSN)というクローズドなID管理がされている為、コミュニケーションは基本的にコレを主体として行なう形となる。

ただ、フレンドはグループ化とかも出来ないので、今後「家族」「友達」「知人」「会社」などのグループ化が出来るようになることが望まれる。「グルーピングメッセージ」という機能でグループ化は出来るが、他の機能でそのグループ化を利用できるわけではないので、フレンドが何十人にもなるとさすがに使いづらい。

アクティビティーは、Skypeなどを使えば出来るけど、通信キャリア側のサービスではないので、スマホ側は「×」としている。この辺りは、先ほどまでと違って、Vita側に「○」が多く付いているが、内容的に「ゲームに偏っている」「クローズドな環境での実現」な部分もあるので、だから優れていると言う話でもない。


SNS対応状況での比較

そして、最後。スマホの機能としてオサイフケータイだとかワンセグだとか、いろいろ比べることは他にもあるけど、限がないので「SNS」の対応状況をまとめてみる。

サービス種 機能名 スマホ PS Vita Vita補足説明
SNS Twitter ○ 公式 ○ 公式 アカウント作成は不可
SNS Facebook ○ 公式 △ PSStore連携 4/3~対応済み
SNS mixi ○ 公式 × 未対応 対応予定なし
SNS Google+ ○ 対応 × 未対応 対応予定なし
電話 Skype ○ 対応 ○ 対応 4/25~音声/動画
画像 Flicker ○ 対応 ○ 対応 アカウント作成は不可
画像 pixiv ○ 対応 × 未対応 対応予定なし
動画 ニコニコ動画 ○ 公式 ○ 公式 アカウント作成不可
動画 Youtube ○ 対応 ○ 対応 6/28~ Flash再生不可
GPS fourquare ○ 対応 ○ 対応 4/3~ 対応済み
ゲーム PSN(SEN) △ ブラウザ ○ 対応 必須。初回起動時作成/登録
ゲーム GREE ○ 対応 × 未対応 対応予定なし
ゲーム モバゲ ○ 対応 × 未対応 対応予定なし
  • 広義には上記は全てSNSに分類されますが、日記や個人間連絡が主となるサービスについてサービス種を「SNS」としています。
  • 誤解が多そうだったので、一部対応済みサービスについて更新

残念ながら、iOSAndroidとプラットフォームとして新規となる為、対応サービスがとにかく少なく、サービスの提供企業側からの自主的な開発による参入が難しい状況で、将来的にも広がっていくか?という所は未知数と言えるかも。


まとめ

厳密な意味でのスマホとの比較は意味がないとは判っているけど、「あえてスマホと比較してみると」という点で無理やりまとめてみた。

個人的には、機能が足りないという事を理解しつつ、自宅ではスマホよりもVitaを触っている時間の方が(ゲームの時間を除いても)長い。特にTwitterは使いやすい方だと思うし、ブラウザは不満はあるものの「サイト巡回」(良くいくサイトの定期閲覧)程度であれば、スマホより画面が大きい分見やすく疲れないというのがある。これで、SNSの使い勝手が上がったら、どうなるんだろう・・・という感じもある。

たぶん、ターニングポイントはそこにあると思っていて、どれだけSNSに対応するか?だと感じている。

ゲームも生活の一部であり、ゲームを通じて誰かと繋がることも多い。また、ゲームでの達成感を誰かに伝えるのに、電話やメールよりも沢山伝えられるコミュニティーとしてのSNSなどにする方が、より現状にマッチしていると思うし。

あと、上にも書いたけど「テキスト/画像/音声」などをメモ帳的な感じで管理できるアプリがあると、ゲーム機としても使い勝手がかなり上がると思っている。特に画像については現在は編集できないけど、カメラで撮影した写真やスクリーンショットの画像を、ペイントツールのレベルでいいので、スタンプや手書き文字やテキスト文字の追加編集できるだけでも、利用価値は大きく変わると思ってる。

画面が広いので、カレンダーも使い勝手がよさそうだし、フレンドの(公開されている)誕生日が表示されると楽しそうだし、ゲームはもちろん、マンガやビデオなどの発売日が登録できれば、それはそれで盛り上がれるし。

いや、場合によっては PlayStation Store との連動が出来るようになれば、より使い勝手の良いゲーム機になる可能性もある。事前に発売日がわかっているものが見れたり、イベントスケジュールが共有できたり。

かなり妄想も入った話ではあるけど、「Vitaにはできるけどスマホには出来ないこと」はもっと増えていいと思う。

*1:PIM=Personal Information Manager。個人情報管理ツール。一般的にはアドレス帳と呼ばれるもの。

*2:勇者のきろく:⇒http://www.jp.playstation.com/psn/kiroku/