読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

VitaとPSPの世代交代時期 (6)

「このブログ、基本的に特定のタイトルだとか売り上げとか販売台数とかはあまり話題にしない。」

・・・という書き出しで過去何度か今頃に同じ内容の比較をしてきた。


出荷終了から既に3年ほど経っているPSPという意味では、もう比較する必要は無いし、そういう意味で「タイトル詐欺」なんだけど、ここまできたら「シリーズ記事」って事で開き直って、また記事を起こしてみることにした。

去年と同様、年度締めの「新年度」としての記事って事で。

・・・まぁ、もう4月も終わりなんで、「新年度」っていまさら言う?って感じだけど。


記事の元になるデータは、去年と同様、こちらにお世話になる。

電撃 -【週間ソフト販売ランキング TOP50】

で、これの最後の方にある表を前回と同じく過去3年分で比較してみる。

■ハード別 ソフト販売本数
  2014年度   2015年度   2016年度  
機種 推定販売数 構成比(%) 推定販売数 構成比(%) 推定販売数 構成比(%)
PS4 2,838,845 7.1% 5,389,299 15.60% 9,533,955 28.9%
PS3 6,592,475 16.4% 2,606,086 7.50% 1,138,025 3.5%
Vita 5,235,009 13.0% 5,482,270 15.80% 4,020,265 12.2%
PSP 738,500 1.8% 138,530 0.40% n/a n/a

毎度の繰り返しとなるが、「ゲームの売り上げ」*1なんてものは、毎年同じってことは無くて、その時々の人気タイトルの状況で本数も割合もずいぶん変わるので、「販売数がどう!」とか「割合がこう!」という事は特に言わないし、それが冒頭で「あまり興味が無い」といった理由。

そして、既にPSPは集計対象外(表上は "n/a")になっているので、「PS4PS3の世代交代」をみた上で、「Vitaへの影響」を考えてみる。

まぁ、判り切ったことの話なんだけど。

  • 2017年4月の感想
    • PS3からPS4へは移行期は順調で、PS4は倍増、PS3は半減で進捗
    • そういえばPS3は出荷完了予定のアナウンス出てたっけ。(2017年3月17日)
    • PS4マルチタイトルの影響か、Vitaも減少傾向(販売本数・構成比とも)で落ち着いた。

である。たぶん、「みんな知ってた」な結論。


ハードウェアの台数ではなく、「ソフトウェア販売本数」である。単純に考えて、同一のソフトを別の機種で2本以上買うって人は少ない。PS4もVitaも持っていて、同じタイトルがマルチで出ていたら、どちらか片方しか買わないと言う人の方が多いだろう。

私の場合は(それを踏まえた上で)「でもVita版買うもん!」ってタイトルはもちろんあるが、PS4の方を買う人はやはりそれなりに居ると思う。そういう意味で、「PS4/Vitaのマルチタイトル」はVitaの「構成比」の減少に影響は少なからずあったと思われる。*2


去年の記事では、

上記表におけるPS3の推定販売数は2013年から2014年で半減、2014年から2015年で半減と来ているので、2015年から2016年で半減すると仮定してもまだ市場的にはそれなりにあると言える数だし。

と書いていて、大体予想通りと言うか「半減」だったが、最近はもうPS3対応タイトルもずいぶん減ってきた。たぶん、実質的には今年(2017年度)で、PS3対応タイトルはほぼ出なくなると思われる。

既に「PS3出荷完了予定」のアナウンスは公式に出ているし、逆にPS4の推定販売数の上昇傾向を考えると、PS3の半減という減り幅以上に私の考えていたイメージより早く移行できた感じと捉えた方が良さそう。


前回同様、今回のメインの話は「VitaとPSP」じゃなかったけど、年に1回ぐらいはこういう話題もいっかーって感じで書いてみた。だって、ホントにネタが無いんだもの。

以上。まとまってないけど。相変わらず。

*1:この数字にはダウンロード版などの販売数、タイトルは含まれていないので、あくまでも参考程度の話として。

*2:余談ではあるが、年間の販売タイトル数も昨年度はその前年度よりも減少していたワケで。販売本数が減っても不思議は無いので、ここでは「構成比」の方で比較している。

PlayStation VITA システムソフトウェア バージョン 3.65

注意
システムソフトウェアのアップデートの際、更新ファイルはメモリカードが無くてもダウンロードされますので、動作が不安定な場合などは先に電源を落とし、更新前にメモリカードを抜いてください。 一連のアップデート作業中の抜き差しは故障の原因になる場合があります。また、バッテリー残量などについてもご注意ください。
注意
利用しているプロバイダや接続方法によっては「アップデートが開始されない」(エラーになる)事があるようです。原因は環境やタイミングによるところがあるので一概に言えませんが、以下の原因が想定されます。
(1) アップデートサーバが混雑している
(2) DNS情報が正しく取得出来ていない
いずれの場合も、「時間を置いて試す」「アップデート方法をPC経由などに変更する」「ネットワークの接続方法、プロバイダを変更する」「DNS設定を一時的に変更する」などの対応が考えられます。

昨日(4/18)、Vitaのシステムソフトウェアがバージョンアップした。VitaTVも一緒。


で、いつも通りに公式サイトのアップデート内容を確認してみる

以下、あくまでも個人のブログなので個人的な単なるメモ。

PlayStation Vita/PlayStation TV システムソフトウェア バージョン3.65 アップデートについて

2017年4月18日から、システムソフトウェア バージョン3.65のアップデートを開始しました。

PS Vita/PS TVのシステムソフトウェアは、常に最新のバージョンにアップデートしてお使いください。アップデートすることにより、機能の追加や操作性の改善、セキュリティーの強化ができます。

PlayStation TVは、国や地域によってPlayStation Vita TVという製品名称で販売されています。このページでは総称として「PlayStation TV」または「PS TV」と記載します。

バージョン3.65で更新される主な機能
  • システムソフトウェアにおいて、動作の安定性を改善しました。

との事。


ですよねー。


前回が11月。その前が去年の4月。

いうなれば、この1年で2回しかアプデしていないと言う状況。なんともまぁ、気が遠くなる話で。


ずいぶん前にも貼り付けたことあるんだけど、これまでのVitaOS有効期間のグラフを更新して再掲。

f:id:kenbot3:20170419192110p:plain

  • Ver.3.65 は本日(2017/4/19)時点の為、1日として記載
  • 元解像度 直リンク⇒ fotolife(見れないかもしれません)

縦軸が期間、横軸が時期って事はわかると思う。そして空白は「未更新」の期間(時期)である。

つまり、縦の棒が長い時は、次の更新までの期間が開いているので、空白になると。

なお、60日(約2ヶ月)を超えたものを濃い青色、100日を越えたものに茶色っぽい目立つ色をつけている。

相変わらず、グラフはあくまでも個人の趣味的な感じで作っているので、横軸はかなり意味をなしていないし、誰の役にも立たないものだけど。


で、今回は「168日ぶり」のシステムアップデートだったワケで。あと半月ほどでほぼ半年。いうまでもなく、過去最長。


こないねー。アプデこないねー。


アプデの記事の書き方、すっかり忘れてたよ。気を許してて一日遅れたし。


そう、これは自分の為のメモ。単なるメモ。

はてな簡易統計から見るVitaユーザの何となくな現状分析

ほぼ1ヶ月半ぶりの更新。だって、Vitaに関するニュース的なもの無いんだもの。

そんなワケで生存報告的な意味で、今回の記事は客観性の無い、主観的な記事。

場末のブログとも言うべき「自サイト」(このブログ)が唯一の情報ソースという程度に。

10ヶ月ほど前に、こんな記事を書いた。

内容は当ブログの「簡易アクセス統計」の機能で確認出来た、アクセス頻度が比較的高いページの一覧。

この時は新年度で新しくユーザーが増えたからかな?と思って書いた。その後、クリスマスや年末年始などを受けて、次の年度がもうそろそろ始まるよっ!ていう今の時期、同じく簡易アクセス統計の機能で確認してみると、ちょっと変化がある事に気付く。

当ブログの検索サイト別アクセスページTOP5

2017/2/23 10時頃時点
ページ Google Yahoo! 公開日
VitaとPS4とセカンドスクリーン 12% 8% 2014/2/24
Vitaだけが原因じゃないネットワークエラー 9% 7% 2012/5/10
Vitaとダウンロード版とパッケージ版 6% 6% 2012/1/27
Vitaのコンテンツ容量一覧 5% 7% 2012/1/28
(継続更新中)
Vitaで日常的に使えるアプリ特集 3% 1% 2016/4/6
全体割合 77% 19%  
2017/3/29 10時頃時点
ページ Google Yahoo! 公開日
VitaとPS4とセカンドスクリーン 14% 8% 2014/2/24
Vitaだけが原因じゃないネットワークエラー 8% 12% 2012/5/10
Vitaとダウンロード版とパッケージ版 5% 4% 2012/1/27
Vitaの「アカウント管理」 4% 7% 2012/3/7
Vitaで日常的に使えるアプリ特集 4% 2% 2016/4/6
全体割合 79% 16%  
  • 注意)具体的なアクセス数は判らないので表の並びはおおよその順番です
  • 注意)集計期間も具体的には判らないので、あくまでも各時点の参考値です。

上位の3つは2月でも3月でも変わらないし、前回のTOP5にも登場していた。

なので最初の感想としては「相変わらずなんだな」だったんだけど、よく見ると今回の1位にいる「セカンドスクリーン」の記事の割合に大きな変化があったことに気付いた。

前回の「Google 6%、Yahoo! 4%」から倍増して2月時点で「Google 12%、Yahoo! 8%」、3月時点で「Google 14%、Yahoo! 8%」になっていた。ホントに倍増。*1

これは単純に考えて、PS4ユーザがVitaを新たに買ったり、逆にVitaユーザがPS4を手に入れたりってケースが多かったのかと推測される。理由はいろいろ考えられるけど、妄想以上のものにはならないので言及しない。少なくとも「セカンドスクリーン」が1位にいる事から、VitaからPS4へ移行した(Vitaを使わなくなった)というよりも、VitaもPS4と共存の関係として情報を探している状況にあると考えた方がしっくりくる。

そういえば、PS4とVitaは「コンパニオン」という関係だったことをなんとなく思い出した。

関連記事

PSM2013で発表があった個人的に一番しっくりきた言葉。

PlayStation Vitaは、PS4のコンパニオンになる。」

全体としてはPS4の発表会であり、Vitaとの連携部分については比較的サラりと紹介が終わってしまった感があるけれども、今回のPS4とVitaとの関係を表している言葉としてはこれがすごくスマートな表現だったと感じている。


それはそれとして、今回の結果で個人的に注目度が高かったのは、2月・3月のどちらにも5番目に入っている「アプリ特集」の記事。

これも単純に考えれば、Vitaユーザがゲーム以外の使い道を探したケースが多かったのかと推測できる。

まぁ、Vitaに関してはスマホと違ってアプリが豊富ってワケでも無いので、特集と言いながらも厳選ってワケでは無いし、ぶっちゃければ「この記事読むよりPS Storeを直接みてダウンロードした方が早いよ!」という気もしなくもないので、そういう方は積極的にPS Storeに足を運んでもらいたい。家から出なくても行けますので!


もっとも、「自分的にうれしかった」のは単純に、現在も継続更新中の「コンテンツ容量一覧」や購入者の鬼門なのか未だにアクセスが多い「アカウント管理」はともかくとして、TOP5の中で唯一の「公開後1年以内の(前回の集計以後に公開した)新着記事」という点で。


いや、去年の4月の記事だって言う意味で、これを「新着」と呼んでいいのかは、一般常識的にいろいろ疑問はあるけど。

*1:はてなの簡易アクセス統計は期間ではなく至近の固定アクセス数で割合を出すので、更新頻度もアクセス数もそもそも多くない場末ブログ的には、期間中のシーズナリティ(季節性)や記事更新による急激なアクセス増減に影響されにくい為、倍増と考えてほぼ間違いないと思ってこう書いている。

PlayStation Now、Vitaのサポート終了(2017年8月)

去年(2016年)の年始明け前後は、Vita関連のサービス終了がいろいろ続いた反動で、今年(2017年)はずいぶん静かだなーとボンヤリ考えていたら、突然こんなニュースリリースがあった。

一部のデバイスにおける「PlayStation Now」(PS Now)サービス終了のお知らせ

ソニーインタラクティブエンタテインメントは、2017年8月15日(火)をもって、以下デバイスにおける「PlayStation Now」(PS Now)サービスの提供を終了いたします。

(部分抜粋)

まだ半年ほど先の話ではあるものの、Vitaの事を主に取り扱ってきたこのブログ的には、残念というか「ガッカリ」というのが正直な所。

PS Now自体が終わるのではなく、あくまでも「一部デバイスのサービス終了(対応終了)」という話で、日本国内においては、2017年8月以降も「PS4」は利用出来ると言う事になる。


思い起こせば、2015年8月にユーザテストがあり、そこから数えるとちょうど2年のサービスという事になる。さすがにちょっと短すぎない?という気はするけど。本音で言うと。

それに、携帯ゲーム機であるVitaで、据え置きゲーム機のPS3のゲームを(タイトルこそ数は限られるが)遊べるという一つの特徴でもあり、(PS3と同じ据え置きゲーム機の)PS4で遊ぶPS Nowとの差別化になっていたと考えていたので、いろいろと思慮を重ねた上での今回のニュースリリースだと思うが、もう少し長くVitaのサポートを続けて欲しかった。


あくまでも素人としての意見でしかないが、本来「PS Nowはアーカイブ環境では無い」というのが望ましかったハズ。

PS3で出る新作タイトルが、PS Nowでも同時(または時期的に近い段階)にリリースされ、これがVitaなどの様々なデバイスでもプレイ出来るというのが理想だと。

PS3というハードウェアを持っていなくても、PS3のタイトルが遊べる環境が PS Now に望まれていた形だったと考えていた。これは、対応デバイスがVitaに限らず、ブラビアなどのテレビ自体が対応していたと言う意味でも、ゲーム機を所持していない顧客も同一のゲームが遊べる(PS3の代わりとなる)プラットホームとして期待されていたハズだ、と。


だが、現実は少し違っていて、

  • 予想以上にPS3からPS4側への移行が早く、PS3での新作タイトルリリースは減少が進んだ
  • PS Nowに提供される新作タイトルは少なく、PS3アーカイブ的な印象をぬぐえなかった
  • 海外におけるVitaの普及はほぼ絶望的で、サービスとして実質PS4中心に大きく偏った
  • 日本国内におけるWi-Fi事情も家庭レベルでは未だ十分に安定した環境が構築されていない *1

などの事情があったものと推測される。


個人的には2つ目が進まなかったことが、一番の予想外な事情だったのではないかと思われる。

PS Nowで遊べるゲームタイトルを、公式サイトで検索するとこうなる。

PS Now対応タイトル

218 タイトルのゲームソフトが見つかりました

この中で、PS Nowが開始された前後として2015年6月以降に発売された新作タイトルをいくつかのピックアップしてくると、その辺りの事情も見えてくる。

2015年6月以降に配信されたPS Nowタイトル例
  配信日 PS Now
配信開始日
備考
夏色ハイスクル★青春白書 2015/6/4 2015/9/16  
RIDE 2015/6/25 2017/1/17  
シャリーのアトリエ 2015/7/2 2016/9/20 PS3 the Best
ソウルキャリバー V 2016/3/15 2016/3/15  
  • タイトル名は上記の表上はかなり簡略化しています。

配信日(発売日)と、PS Now配信開始日が同じタイトルは1本あるが、やはり「時間が経ってからの配信開始」の様相を感じ取れる。

これについては、パッケージ販売の場合は販売店での売上を優先する事情もあるだろう。そういう意図で新作タイトルのPS Now同時配信が難しいことは判るが、1年以上経ってからの配信となれば、時期的にもう話題性は無くなっているワケで、その上で「安定した通信環境が求められる」という事情を踏まえて利用するユーザーは、かなり限定的であると予想される。

そもそもPS3を持っていない(ブラビアなどで遊ぶと想定していた)ユーザーは、話題性の無いゲームをプレイするだろうか、と。


この辺りは、PS Nowとして新作タイトルももう少し早い段階で配信が開始出来る流れになっていれば、まだ発売日間際の話題性がある時期に、お試しでプレイするユーザーもいたと思うし、オンラインストレージ経由であればセーブデータも共有出来る事を踏まえて、トライアル的な利用としてのPS Nowという存在意義もあったように感じる。*2


個人的には今までもこれからも(PS Nowに限らず)「クラウドゲーミング」については、期待している所があるので、サービスの縮小は致し方ないと言えども、ぜひもう少し長い視野で継続して欲しいと思っている。*3


長くなりそうなのでこんな所で。

*1:自分のことだけ書くと、自宅からVitaでPS Nowをプレイして、LR23 ボタンの問題と時間帯によるサーバ側の不安定さを除けば、アクションゲームであろうと特に大きな問題も無く遊べた。やはり、このPS Nowに対する実体験の印象は良くも悪くも各個人の通信環境による影響は大きいと思う。

*2:なお、「お試し」という言い方はしているが、日本国内においては PS3 の PS Nowサービスは行われていないので、PS Now上で継続してプレイするのではなく、PS3 タイトルを購入してプレイするにはPS3本体を所持している必要がある。

*3:無論、PS3が出荷終了となった後でもPS4PS3タイトルが遊べるという意味での「アーカイブ」としての意義はあると思うので、あくまでも今回の記事はPS3が現役の中でのPS Nowのサービス的立ち位置について書いてみたと言う感じ。蛇足。

PS Store評価数から見るPS4/Vitaのアクティブ熱量の話

ことVitaに関してはニュースもなく書くこと無いよねー。


・・・という感じで、更新するネタが無い日々が続いているが、このブログだって一応まだ「アクティブなんだよ!」という意思表明的に更新してみる。

まぁ、することは過去の記事からちょっと引っ張ってくるって事になるんだけど。だって、新しい話無いんだもん。


で、選んできたネタは上の「関連記事」の話。これを書いたのが昨年3月末。まだ1年経ってないけど、別にピッタリ1年でやる必要の無い話なので、このタイミングで。


この時、記事に必要な情報として、同一日付でPS4/PS3/Vitaで配信中のアプリ「ANIMAX Plus」のPS Storeにおける評価数を記録した。特に画面キャプチャとか残してないので、情報の信ぴょう性は保障するものではないけど。うん。


なお、この記録をとった時期的な意味で言えば、Vitaは半年、PS4に至っては1年近く前に配信されたアプリであった。配信が開始されてからかなり時間が経ってからの記録で、個人的に「そろそろダウンロード数も落ち着いてきている頃かな?」と考えていた。うん。


通常、ゲームにしろアプリにしろ、配信直後はニュースとしての話題性からダウンロードがたくさんされるものの、それ以降は減少していくもの。

なので、その時からさらに1年近く経った今になってわざわざ比較して記事にする意味あるの?という点では「本来は無い」んだけど、やってみたくなったんだから気にしない。こういうのは興味を持った時に調べるのが一番。


で、結果。

ANIMAX Plus の PS Store評価数増減比較
ANIMAX Plus 配信時期 2016/3/28
時点
増加数
/日
2017/2/6
時点
増加数
/日
PS4版 2015/3/25 5,612 15.2 7,798 6.9
PS3 2015/3/25 2,115 5.7 2,424 1.0
Vita版 2015/9/17 1,846 9.6 4,030 6.9
3機種計   9,573   14,252  
  • 評価数は筆者が確認した時点の数です。

・・・あれ?予想に反してビックリするほど増えている。


Vita版の評価数は前回から倍以上に増えているし、PS4に至っても増加数はVitaと大体同じだった。Vita版より先にリリースされていたのに、だ。


一方、PS3版の方は全く逆の状況。増えてはいるものの、その伸び幅はPS4/Vitaから大きく差が開いている。

むろんこれは「評価数」であり「ダウンロード数」では無い。

同一のアプリではあっても全ての機種で同じ評価になるワケでもないが、評価数の伸び幅の差は単純に「アクティブなユーザ数の差」と考えてよいと思う。


そうなると、PS4版とVita版の差が殆どないことはかなり興味深い。


個人的には(後発の配信であり携帯ゲーム機である)Vita版の方が利用者数が多くて評価数が増えてても不思議は無いと思っていたが、「無料アプリとはいえインストールが難しい」という家庭の事情(教育方針やWi-Fi環境的な意味で)などもあってインストール数や評価をする人自体は減るのかも知れない。

普及台数的にはPS4よりVitaの方が(発売期間的な意味で)未だ多い所はあるものの、台数の増加、勢いという意味ではPS4の方があると言ってもいいだろう。そこにはアクティブユーザの増加熱量の差はあると思う。

ただ、この調査においてはその熱量には大きな差はなく、両方共に同じ程度に延びているという。

無論、PS4の発売(2014/2)から未だ3年程度しか経っておらず、ハードウェアとしてのユーザ層の増加状況は現在のVitaの比では無いから、今後もこの傾向が同じまま続くとは限らない。何事も単純には比較できない。


だが、こういう比較もたまには面白いかも知れない。

これをPS4/Vitaで同時発売しているマルチなゲームタイトル毎にやっても面白いと思うけど、その辺りはジャンルで偏りもあるだろうから、今回は「アプリ」だけで評価してみた。


そもそも「アクティブ熱量」ってどういう意味だよ?というツッコミもある気がするが、雰囲気で勝手に付けただけなので、気にしない。

そんなお話し。(特にまとめは無し)