読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

Vitaとコンテンツ容量の山と谷(4)

年始企画。

まぁ、別に毎年恒例ってワケでもなくて、もともと不定期な企画なんだけど、そういえば去年の年末に「グラフ」を更新してたな?と、思い出したので。

2017年1月頭時点(最新)※12月末時点とも言う

f:id:kenbot3:20161227182117p:plain

2016年3月末時点 (前回)

f:id:kenbot3:20160404153727p:plain

2014年1月末時点 (前々回)

f:id:kenbot3:20140124141055p:plain

  • 注意)
    • グラフの横区分は「○○MB以下」で、「4G以上」には「4GB以下」も含まれます。
    • パッケージ販売されているタイトルのみであり、DL専用は含まれません。
    • またDL版のコンテンツ容量となる為、パッケージ版購入の場合の必要容量ではありません。
    • セーブデータおよびアップデートパッチ、DLCに必要な容量は含まれておりません。

あいかわらず縦軸を固定にしていないので少し印象が直観的じゃなくてアレだけど、細かいことは気にしない。


正直に言うと、(最新と前回では)「ビックリするほど変わってない」と言える。

あえて言うと、

1.5GB~1.7GB近辺が延びていて、あと2.7GB辺りも増えている

という程度。(そもそも累積なので減ることは無いワケですが)

去年(2016年)については、この1つ前の記事でも書いたが「PS4とのマルチ」が増えた時期だったという印象。そう考えると、もっと4GB近くが大幅に伸びているんじゃないか?と思ったんだけど、そういうワケでは無い模様で、それらのタイトルもだいたいこの辺りのサイズに収まっている感じ。


ゲームによって実際の容量は当然大きく異なるが、主に容量を食うのは以下の3つ。順番は特に関係ない。

  1. ムービー(OP/EDやイベントなどの動画)
  2. 音声/音楽(キャラボイスやゲーム内ミュージック)
  3. マップやモデルなどの3Dデータとテクスチャ

この中で、ムービーについてはPS4とVitaで大きく容量が変わるし、基本的に変えられると考えている。具体的に言うと出力解像度が異なるからで、かたやテレビ、かたやVitaの画面の解像度に合わせてムービーデータを用意するワケで、単純に考えてVita版は「1/3~1/4ぐらい」には出来そうな気がする。

3Dデータもハードウェアの処理性能や内部解像度による処理の違いから、データ容量という意味での圧縮効果はあるだろうと思うし、実際にモデルデータは異なることは多いというか、違わないことの方が珍しいだろう。

ただ、これはゲームによってどこまで容量を変えられるかは異なると思われるので、何割減るとかそういう話では無いかも。


一方、音楽はPS4とVitaで基本的に変えられないと考えている。そして音声も。

もちろん、コーデックの違いで全く同じとは限らないが、PS4とVitaのマルチとして考えた場合は、ここを変えることは難しい。

ただ、最近はVita版の音声を抜いたり、音質を落としておいて、無料ダウンロード(アップデートDLC)として対応するケースも見られるようになってきた。


具体的には「WORLD OF FINAL FANTASY」がそう。あと、発売前だけど「ニューダンガンロンパV3」もそう。

WORLD OF FINAL FANTASY

PlayStation Vita版は、ボイスデータを別途
PlayStation Storeにてダウンロードする必要があります。

ニューダンガンロンパV3

PS Vita版のボイスについては容量の制限上、現状の品質となっておりますが、皆様により一層快適なプレイを楽しんでもらう方法はないか、と開発チームと検討を重ねてまいりました結果、ボイスの音質を向上させられるデータの追加配信ができるようになりました。

このブログ的には「ハイブリッド型」と呼んでいるケース。

Vitaカード2枚組の件と合わせ、このパターンは今後増えるかも知れないことを考えると、いろいろと気になる所ではある。


1年半ほど前に「カードタイトル型番」からカード容量の推移を検討したこともあるので、これはこれでまた近い内に現状を整理してみたいかも?と思った。