読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

Vitaの新色発表と経過日数

PSVita COLUMN

2016年9月13日(火)。つまり昨日、「SIEJA Press Conference 2016」が開催され、その中でVitaの新色が発表された。

Vita発売からまだ2年経っていなかった、2013年9月のカンファレンスの際に、新型Vita (PCH-2000) とVitaTV (VTE-1000) が発表された為、それから3年も経つ今回はもしかして!?と期待していた方も結構いたのではないだろうか。

私的には「前回がむしろ早すぎた」と思っていたので、モデルチェンジがあるとしたら、早くて来年春ぐらいかなーと漠然と思っていたので慌てない慌てない。


とはいえ、せっかく「新カラー」が出たので、そもそもVitaの新カラーの発売サイクルってどうなってたんだろう?と、ちょっと振り返ってみる企画。コラボモデルで新カラーが出ていたケースについては、市販モデル側で考慮する。

Vitaの新カラー登場時期と経過日数
型番 本体色 パターン 発売日 経過日数 備考
PCH-1000 ZA01 1 2011/12/17 0 Vita発売開始
PCH-1100 AA01/AB01 2 2011/12/17 同上
PCH-1000 ZA02 1 2012/6/28 194  
PCH-1100 AB02 1 2012/6/28  
PCH-1000 ZA03~04 赤/青 2 2012/11/15 140  
PCH-1100 AB03~04 赤/青 2 2012/11/15  
PCHJ-10007 1 2013/2/28 105 コラボ限定
PCH-2000 ZA11~16 黒/白/黄緑/
薄青/桃黒/カーキ
6 2013/10/10 329 新型Vita発売
PCHJ-10017~18 青黒/赤黒 2 2014/7/10 273 パック限定
PSP出荷完了
PCH-2000 ZA19 桃白 1 2014/11/13 126 販売店舗限定
PCH-2000 ZA22~24 氷白/水青/蛍橙 3 2015/9/17 308  
PCH-2000 ZA25~26 銀/紅赤 2 2016/12/1 441 銀は2016/1/28初出
  • 本体色については表記上のものであり、メーカ公称との関係は以下の通りです。
PCH-1000/1100
黒:クリスタル・ブラック、白:クリスタル・ホワイト、赤:コズミック・レッド、青:サファイア・ブルー、銀: アイス・シルバー
PCH-2000
黒:ブラック、白:ホワイト、黄緑:ライムグリーン/ホワイト、薄青:ライトブルー/ホワイト、桃黒:ピンク/ブラック、カーキ:カーキ/ブラック、青黒:ブルー/ブラック、赤黒:レッド/ブラック、桃白:ライトピンク/ホワイト、氷白:グレイシャー・ホワイト、水青:アクア・ブルー、蛍橙:ネオン・オレンジ、銀:シルバー、紅赤:メタリック・レッド

こうやって見ると、Vitaもかなり「カラーバリエーション」が出てたんだな。

今回の新カラーは・・・・。

いや、ま。今日は色の話をするのでは無いので、それはおいておいて。


初代Vita (PCH-1000/1100) は、「半年サイクル」で新カラーを投入しており、最終的には5色のバリエーションになった。この頃はまだVitaの販売が低調だった時期である事から、マーケティング的な側面でのテコ入れだった可能性が高い。

ただ、この頃は「有機EL」が採用されていて、修理も(当時は)「ファクトリーリファービッシュ」での対応だったことから、大幅なカラーバリエーションは展開できなかったものと思われる。

一方、新型Vita (PCH-2000) は概ね「1年サイクル」での新カラー投入になっていて、今回の発表で14色のバリエーションになっている。Vita自体の値下がりも行われていた時期だし、結果的にこれ以降はそれまでよりもVitaが売れるようになっていることから、ビジネス的な側面でのモデルチェンジと、後は生産管理としての単純なサイクルになっていると推測される。


この後、次の色が出るのが先か?新型が出るのが先か?


それは私には判らないけど、今回の新カラーの「メタリック・レッド」は個人的には結構好みだったりする。だから何?って話だけど。

約1か月ぶりの更新のオチがそれかよ?!という気がしなくもないけど。落ちてないし。