読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

Vitaの動画配信と課金問題

追記(2014/3/13)
ニコニコアプリのバージョンがVer.2.30になり、Vita単独でのプレミアム会員登録・更新が可能になりました。PS Storeから購入できます。
(関連記事⇒ニコニコアプリ更新(2.30)と課金問題解消と

この3連休。エアコンも使わない窓開放だけの部屋で、Dokuroのプラチナゲットと、P4Gをやっていた。P4Gは2周目。しかしこのP4G、煽りぬきで恐ろしい完成度のゲームだと思う。これについてはいろいろ書きたい事もあるんだけど、限りがなくなりそうなのでとりあえず保留。

ま、それは兎も角として、以前から考えていた「動画投稿」と「課金制度」についてちょっと考えていたのでまとめてみる。

なお、ここでの「動画投稿」は、あくまでも「ニコニコ動画」を指しており、最近配信が開始されたYoutubeは考えていない。また、ゲームの動画投稿に対応するかどうかは別問題。うん。


いつもの事ですが「確定情報ではない妄想の話」ですのでご了承ください。


ニコニコアプリの動画投稿はいつ頃か?

今のところ、Vitaのアプリである「ニコニコ」は、過去3回バージョンアップしている。

2011/12/17 (Ver.1.00)
Vitaローンチバージョン。一定時間動画を視聴していると、スリープになる不具合があった。
2012/01/12 (Ver.1.01)
Ver.1.00のスリープ不具合に対応したバージョン。機能拡張はなし。
2012/02/23 (Ver.1.02)
マイリス、視聴履歴に対応。初の機能拡張バージョン。
2012/05/30 (Ver.1.03)
ニコニコチャンネル対応。公式アニメチャンネルなども視聴可能に。

かなり古いニュース(公式ブログ)を見ると、以下のように書いてある。

PlayStation Vita用アプリ「ニコニコ」をリリースしました!

2012年以降には、動画投稿・生放送配信機能、そして、ゲーム連携機能(※)に対応し、PlayStation Vita × ニコニコの世界はますます広がります!お楽しみに!!

※...ニコニコゲーム連携対応ゲームタイトルにおいて、プレイ中のゲーム画面をキャプチャし、動画投稿をおこなったり、生放送配信がおこなえるようになる機能です。

となっている。

どこかのニュース記事で去年の秋ぐらいに読んだ内容では、それが4月ぐらいと言っていた気がするが、少なくともゲーム側が(ゲーム連携機能に)対応していないとダメという事情もあるのだろうから、今の所は対応する時期は良くわからないままになっている。


とはいえ、それはあくまでも「ゲーム画面/ゲーム連携機能に対応」している場合の話で、内蔵カメラで撮影した動画の投稿と生放送配信は別にゲーム側の対応は不要、あくまでもニコニコ動画の自社主要コンテンツサービスなんだから、クライアント側が何であろうと、送られてくるデータに対応さえしてしまえば、それほど難しくは無い、技術的にはそれほど問題ないんじゃなかろうか?と、思っている。

実際、先日配信された「Skype for PlayStation Vita」では内蔵カメラによるテレビ電話みたいな感じのものが、自分が思っていた以上にキレイに見えたので、生放送の画質にも結構期待できそうな気がするし。


それこそ、可及的速やかに対応すべし!(ASAP)みたいなことも思ったりするんだけど、そうなると一番の問題はたぶん「課金」なんじゃないかな?と、思っている。


ニコニコの課金って

ニコニコ動画の場合、動画投稿は無料の一般会員アカウントでも(投稿可能な画質の違いこそアレ)利用できる。そして、Vitaの画質程度なら正直に言って一般会員でもたぶん十分だ。

だが、生放送は違う。これはニコニコ動画のポリシーみたいなもので、現時点では生放送を行なうのはプレミアム会員しか利用できない。また、時間帯によっては放送自体は無料で行なう事が出来るものの、時間の延長や時間帯を指定した放送予約などは都度ポイントによる課金が発生する。

そう、問題はここ。

プレミアム会員の会費はともかく、生放送の配信には基本的にニコニコポイントが必要だという事。無くて利用できるのはかなり限定的だ。そして、今までPSStore経由でニコニコポイントを購入するなんてルートは無かったワケで、どうすんの?という話し。

いや、もちろんPSStoreでニコニコ動画のポイントを購入するなんて事はしないで、今まで通りパソコンや携帯電話からポイントを購入するなんて方法でもいいとは思うんだけど、少なくとも「Vita側のアプリでポイント利用が可能」な形に機能の追加が必要になる。


公式チャンネルの有料番組は未対応

最新バージョンの Ver.1.03 で公式チャンネルに対応した。

これはこれで夏の新アニメ番組などをVitaで堪能している人も少なくないんだろうな?と思っている。

だが、現状での不満になる問題はたぶん2つある。

  • 過去放送の有料配信には対応していない
    • 有料番組の視聴ができない
  • タイムシフト予約には対応していない
    • プレミアム/一般会員の区別無く、タイムシフトの予約と再生は出来ない

この2つ。特に1つ目はポイントの利用という問題が発生するためからか、いまいち実現性が見えていない。

ただ、ニコニコ動画のビジネスモデルというか課金としてはこの辺りはかなり重要な戦略ポイントだと思うので、「今まで以上に気軽に見れる環境」(Vitaでの場所と時間を選ばない視聴)が存在する事は、より課金への敷居が下がっていい事あると思うんだけどな?と、思う。

当然、この辺りは考えているだろうから、このポイントへの対応が出来るようになったとき、「ニコニコは生放送に対応する」と思っている。公式チャンネルの有料番組も一緒ぐらいの時期に。


まとめ

動画の投稿については、先にも書いた通り一般会員でもプレミアム会員でも(たぶんVitaの画質ならば)殆ど変わりなく利用できるだろうと思う。課金も必要としないし。

ただ、動画投稿の説明文や各種設定などはブラウザとは異なる形で独自に画面のデザインをしなければならないことや、現在だとコンテンツツリー等にも対応していたり、タグ編集、コメント編集、スクリプト対応など、現在のニコニコ動画で出来る出来ることを、どこまでVitaだけで可能とするのか?という機能整理の問題があるんじゃないかな?と、思っている。

機能なんて限定的でいいんだから、こればかりはさっさとやればいいのに!と、思うけど。個人的には。


ただ、生放送は別。PCでのサービスとVitaでのサービスでは利用者側の敷居の高さが違いすぎる。


PCでの生放送の場合、ある程度パソコンに詳しい人でなければそもそも生放送を開始できないというハードルがあった。パソコンにカメラがついていない場合はUSBカメラが必要だし、スピーカーやマイクもミキシングを知らないと、無音になったり片一方(マイク側)だけとかになって視聴しづらい放送になってしまう。

ポイントによる課金以前に、まず環境というハードルがあった。


しかし、Vitaで!となるとそのハードルはかなり低くなる。

内蔵カメラと内蔵マイクがあり、アプリ側でミキシングもしてくれるようになるだろう。アプリの作り方によっては、カスタムサントラよろしく、Vitaで流している音楽をそのまま音声に乗せることだって可能になってしまう。

当然、放送者側のモラルというか、リテラシーの問題もはらんで来る話。正直、怖いと思う事もある。

課金がパソコンと同じ程度であれば、ハードルの低さから、参入障壁はぐっと下がって今まで利用できなかった人が入ってくる可能性が高くなる。課金としては増えるかもしれないが、問題も増えるかもしれない。*1


この辺りのサービスポリシーがどうなるのか?というのは、未だ発表が無いんだけど、それはそれでとても気になっていたりする。


つーか、まとめの段落が一番長くてどうする。まとまってないし。

*1:あと、課金が出来ることを考えるならば「ニコニコ広告」へ対応も配慮しないとダメだし、この辺りはいろいろ難しそうだな~という気はする。広告を入れることはできなくても、入れられた事は放送者側が見れないとダメだろうし。