読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

ファミ通「Vitaユーザーアンケート」

【週刊ファミ通】プレイステーション Vitaのユーザーを対象としたアンケート

週刊ファミ通5月23日号(2013年5月9日発売)にて、プレイステーション Vitaの特集記事を企画しています。そこで、プレイステーション Vitaのユーザーを対象としたアンケートを実施させていただきますので、ぜひともご協力ください。

タイトル通りの件。

雑誌の企画だし、宣伝みたいな感じになるからアレな気もするけれども、個人的にこういうアンケートの結果が「すごく気になる」ので、素直な気持ちで記事にしてみる。

このアンケートは面白そうだなぁ、と。

なお、アンケート実施期間は「2013年4月22日午前8時」まで。(特に何も貰えないっぽいけど)


ストレートな興味はこの3点。

  • Q9.プレイステーション Vitaには、ゲーム機としての用途だけでなく、インターネットブラウザーやメール、写真撮影などの機能のほか、『Twitter』や『Skype』などのアプリケーションも用意されています。これらの機能について満足していますか? 自分の感想にもっとも近いものをひとつだけお選びください。
  • Q12.プレイステーション Vitaの総合的な満足度を、100点満点でお答えください。また、その理由も併せてお聞かせください。
  • Q13.プレイステーション Vitaの今後に望むことを自由にお書きください。
    • (回答例:『○○○○』シリーズの新作をプレイステーション Vitaで発売してほしい/『LINE』のアプリケーションをプレイステーション Vitaでも利用したい/○○○のカラーバリエーションが欲しい など)

この辺りの具体的な結果が見られるのはとても興味深い。

このアンケート、当然のことながらTwitterで告知している。


そういう事をふまえてついでに言えば、今後以下の様な方向性の話が出てきたりすると面白いな~という興味もわいた。(今回のアンケートで出来るという意味ではないけど)

このアンケートをVitaで回答した人の割合
Vitaのブラウザでも回答可能であることから、ブラウザのエージェントからどれぐらいの割合がいたのかを知りたい
このアンケートをVitaのTwitterで知った人の割合
VitaのTwitterからもブラウザ起動が可能であり、アンケートへの誘導が可能であるという事
Vitaと各種SNSの利用浸透度と割合
今回のアンケートでは判らないけどVitaとSNSの関係と利用シェア、希望するSNS等のアプリなどでゲームとSNSの浸透度が判るかも

もちろん、インターネットアンケートである以上、回答者の層はずいぶん偏るのは事実。

しかも今回は「実際にプレイステーション Vitaを持っているユーザーの皆様を対象」と割り切っているみたい。

そういう意味では、時々あるインターネット調査会社の実際にゲーム機を持っているかどうか、興味があるかどうかが判らない自サイト会員向けの無作為な調査とずいぶん違う結果が出るんじゃないかと期待したり。

まぁ、メールアドレスとかも入力しないみたいだから、信ぴょう性は期待できないけど。


この結果は個人的にとても楽しみである。別にVitaで何でも出来るとは思ってないけど、利用者側の意識がどの程度それを欲しているのかや、他の携帯ガジェットとの棲み分けを考える目安として。結果が出たら記事にするかも知れません。


今回はいつもとずいぶん違う感じだけど。たまにはこんな話題も。