読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

SCEJAプレスカンファレンス 2014 と今後書きたい記事

PSVita PSVitaTV PS4 COLUMN
関連記事

月曜日(9/1)の「SCEJAプレスカンファレンス」は、リアルタイムでは見れなかった。

なお、あちこちのニュースサイトにもいろいろ載っているけど、プレコミュにも記事があったので一応紹介。

『SCEJA Press Conference 2014』発表まとめ!! (プレコミュ)
SCEJA Press Conference 2014にてPlayStation4およびPlayStationVitaをはじめ今後展開予定の新作情報など多数発表 (公式サイト)

今年はPS4がメインという話も事前に聞いていたし、実際に時間配分的にも話題的にもPS4がメインだったのは間違いなく、内容としてはPS4発売前と発売後の違いという意味でも去年と違ってて興味深かったというか。

このブログ的にはVitaの話題を中心としているので、今回もそこに限って書いていこうと思うけど、うれしい面と微妙な面(うれしくないという意味ではない)とが混じる感じ。無論、うれしい面の方が大きいけど。

といってもダラダラ書いてもアレなので、とりあえずこの記事でこれから書きたいことを箇条書きしておく。

ホントに書くかは時間と自分の気持ち(モチベ的な意味)との関係なので保障しないけど。

書きたいこと (と過去の関連記事)

この辺りかな?他にもあると言えばあるんだけど、個別の記事にするほどじゃないかなーみたいな。

特に1つめの「Vitaアップデート」と「テーマ導入」についてが問題。

テーマ導入自体はうれしい!という面なんだけど、これが微妙という面もある。具体的には「もうシステムソフトウェアでの機能の追加は無いということか」という。システムソフトウェアの各アイコンはテーマで変更されるが、今後新たに機能が追加されると、そのアイコンは過去配信のテーマにあわなくなるという事になるからで。

これを「Vitaは安定期に入った」ということも出来るからうれしくない訳ではないんだけど。


って、書きたいこと書いちゃったよ、もう。

まぁ、そういう話。