読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

PS StoreからのReaderコンテンツの配信と特典の広がりについて

昨日(2014/1/9)、何気なくVitaPS Storeを覗いたらこんなコンテンツが新着として上がっていた。いやまぁ、別に画像で貼るほどのものでも無いんだけど。

The World of 討鬼伝 2巻セット (Reader用追加コンテンツ)

f:id:kenbot3:20140110074709j:plain

先月もPS Plus会員向けに「電撃PlayStation Plus Vol.01」の配布があった。そのニュース記事はこちら。

電撃PS』の限定プロダクトコード付き電子書籍をPS Plus加入者に配信!! 未加入者はこのチャンスを見逃すな!【電撃PS】 (2013年12月29日(日))

この動き、個人的にとても興味深い。

VitaにReaderが配信されたときからいろいろ期待していたものが実現出来てきている感じがするから。

冒頭のコンテンツについては、VitaPS Storeでダウンロードすると、インストール待機状態になり、VitaでReaderを起動すると自動的にインストールが行われる。


「何をあたり前のことを喜んでるんだこの人は?」


と思うかもしれないが、もともとこれについては2つの課題があった。

  1. PS StoreとReader Storeはそもそも運営・アカウントが別管理
  2. VitaはReader Store以外からは電子書籍をダウンロードできなかった

と。

この課題は、昨年の10月、「Reader for PlayStation Vita」のバージョンアップ(Ver.1.40)で「PS Storeからのダウンロードに対応」の機能が追加されていて解消された。(⇒Reader for PlayStation Vita (Ver.1.40) 変更点メモ

今回の個人的に興味深い点は、このバージョンアップの内容について、具体的な動きが出てきたという点だ。


となると。


今後、初回特典はもちろん、各種キャンペーンでの「電子書籍PS Storeでの限定配布」なんてことも普通になってくる。今までは主にDLCだったりしたし、利用者側が不便というか入力の一手間かかるプロダクトコードの配布という形での対応だったが、そこも気軽にダウンロードで対応される形になる。

逆に、PS Storeでの取り扱いとなるビデオ販売の特典として限定アプリやゲームの配信、DLC、設定資料集の書籍などがセットされるという事も出来るワケで。というか、この辺りが全て何処からでも連携できるようになる。*1


また1つ、広がったなーという感じがした。*2

*1:最近、Vita購入特典でPS Storeのビデオ視聴用プロダクトコードをつけたりしているが、これの続きというか先を行く話しとして今回の話がある感じ。

*2:ただ、問題点が無いわけじゃなくて、「PS Storeでダウンロードした電子書籍は、Reader Storeの購入履歴に載らないため、他端末のReaderと同期が取れない」という話もある。nasne連携もまだその辺りは中途半端だったりするし。今回の趣旨とは少し外れるので、本文では触れてないけど。