読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

PS Plusに「第1回 ゲームキャンパスフェスタ 審査通過作品」登録

PSVita COLUMN
更新情報・お知らせ | PlayStation Plus

2013.03.06 スペシャルに『第1回 ゲームキャンパスフェスタ 審査通過作品』など、5タイトルを追加しました!

ここしばらく、"PS Plus" の話ばかり書いている気がするが、まぁそれが自分的に一番ホットな話題なんだからそれはそれで開き直って書くけど、ちょっとおもしろい「ニュース」が出ていたのでピックアップ。

PS Plusの会員については、この5タイトルが「無料」で遊べるらしい。いずれも PS Vita 用のタイトル。

  • うにうにユニオン (パズルアクション)
  • ELEDiVE (パズルアクション)
  • OCTALIDE (アクション)
  • VOLT (パズルアクション)
  • もう、そうするしかない! (パズル)

※ いずれも配信期間は 2013/3/6~2013/5/14

っていうか「ゲームキャンパスフェスタってなに?」って人もいると思うワケで、これは主催は「(株)グラスホッパー・マニファクチュア」の「PS Vita開発プロジェクト」。

主に学校などで学生にソフトウェアの制作環境フォローを行い、新感覚のゲームソフトを創出することを目的としたプロジェクト。

当然目立つ話題ではないものの、第1回はPS Vita発売前となる2011年4月に発表され、同年12月にサイトがオープン、プロジェクトがスタートした。(この時から PS Vita開発プロジェクト として公表されている)

第1回ゲームキャンパスフェスタ
第2回ゲームキャンパスフェスタ (サイトトップ)

ちなみに、上の通り現在は第2回が開催中。


・・・あれ?他にもそんなの無かったっけ?と思いだす人もいるかも知れないが、角川ゲームズが「ゲーム天国」で発表した「PROJECT DISCOVERY」も近いものだ。けど、これは学校ではなく個人とグループのクリエイター同士を結び付けるプロジェクトなので少し意味合いが違うかな?でも、こちらもPS Vita が開発プラットフォームとして設定されている。

Project Discovery

こちらは現在は応募締め切りとなっていて2013年春に受賞作品の発表がある模様。そろそろ・・・?か。こちらも楽しみである。


Vitaの周りって、こういう話が結構ある。*1

PSM (PlayStation Mobile) もその一つだし、現在こちらも不定期ではあるものの、PS Storeに順次登録が増えて言っている。


こういうプロジェクト的なものを「PS Plusで配信する」というのはなるほど面白い試みだな、と思う。活性化するという意味で。*2

『ゲームキャンパスフェスタ』オフィシャルグループ (プレコミュ)
関連記事 (本サイト)

*1:ソニーは古くは1995年より行われた「ゲームやろうぜ!」や「PlayStation C.A.M.P!」など多少不定期ではあるけれども、この手のプロジェクトはかなり頻繁に行っている。ま、この辺りはソニーに限らず結構あちこちでやっている話なので「特別だ」という話ではないけれども。

*2:PS Plusで配信するという意味は、(契約によるとは思うが)「ダウンロードされた数によって配当を得ることも可能だ」という事。これが、ダウンロード価格が設定されている場合は「それ自体が批判の対象になりやすい」という事。価格の高い安い自体が評価になる。だからといって「無料で公開」では利益を上げられない。PS Plusの場合、「会員に限る」という制約こそできるが、ダウンロード価格の設定が無い「無料」で配った上で製作者側に「配当」をねん出する事も出来る。もっとも「ゲームキャンパスフェスタ」自体は参加対象が学生であり、ビジネス的な側面は強く押し出さないであろう事を考えると、ダウンロード数や評価などが得られるという所が最も大事であり、配当などについては特に考えていないか、あっても賞金的な意味での別の形である可能性は高いと思う。