読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

一年前の自分に。

久しぶりの更新。

あと少しで発売から丸1年となるPS Vita。発売日は2011年12月17日。

今回は妄想というより自分の日記という感じで書くんだけど、実はVitaを予約したのは発売日の1週間ぐらい前だった。いうなれば、今ぐらいの時期。

当然、自宅近くの家電量販店では、かなり早い段階から予約の受付をしていた。最初の頃はすぐに受付終了になっていたけど、その頃は買うかどうか悩んでいた。というより、そもそも普段からゲームにしろゲーム機にしろ他のものにしろ、予約して買うというタイプではないので、予約する気はもともと無かったというか。

発売日が迫り。たまたま立ち寄った(といっても普段から小まめにお店には足を運ぶタイプ)お店で予約が再開となっていた。買うならこれかな?と思っていた「Wi-Fi版」が。


正直、悩んだ。どうしようと思った。


手元にはPSPが現役活躍中であったし。Vitaでやりたいゲームが発表されていたワケでもないし。

結局、新しい携帯ゲーム機という「好奇心」に勝てずに予約をすることにした。本体とメモリ(16GB)とクレードルの3つ。なぜか既にサードパーティー製の周辺アクセサリーが店頭で発売されていた(それぐらいのギリギリの時期)ので画面保護フィルムだけはその場で買った。当日の行列でレジが分断されてアクセサリー類は買うのが面倒だろうとの判断から。


当日。予約をしていたので、早朝から並ぶということはしなかったが、開店時間にあまりズレないように自宅を出て店頭で並び、購入した。ゲームは買わずに予約した分だけで。ゲームはダウンロードでもいいか、と。


なんでこんなことをいまさら書くのか?というと、その当時、その瞬間に買うかどうか、予約するかどうか悩んだ自分にヒトコトだけ言ってみたいと思ったから。


「買っていいよ。お前は後悔しないから」


と。


その時は、約1年にわたってブログを更新し続けるとは思いもしなかった訳で。

今回はそういう話。

関連記事 (本館)