読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

VitaのReaderとフォーマットの対応について

PSVita COLUMN Reader

今日の話じゃないんだけど、昨日こんなリリースが出ていたみたい。

PlayStation(R)Vitaの対応コンテンツについてのご案内 2012/10/29

なお、将来的にはPS Vita対応コンテンツであれば、個別対応のお手間をおかけすることなく過去にご購入になったコンテンツでも自動対応できるよう準備をすすめております。

http://info.ebookstore.sony.jp/2012/10/playstationrvit-78d3.html

で、先日書いたこの記事を思い出す。

Readerと4つの課題点とかの話

課題点4.Vita専用コンテンツの存在

横長前提になりそうなVitaの場合、他のReaderとは違った専用コンテンツの存在が強く出てきてしまいそうな気がしており、それは機種をまたいで読める "Reader" のメリットを一つつぶしてしまうということになってしまう気がする。

の部分はどうやら一部的中っぽいなぁ・・・という印象。

とはいえ、Vita独自フォーマットというわけではなくて、最初のリリース記事にはこう書いてあった。

PlayStation(R)Vita(以下PS Vita)でお楽しみいただけるソニー電子書籍アプリ“Reader”は、Reader Storeで販売している約3,300冊のEPUBフォーマット形式のコンテンツに対応しております。

EPUBフォーマット形式」について。困ったときのWikipedia

EPUB (Wikipedia)

EPUB(イーパブ)は、電子書籍の規格の1つである。米国の電子書籍の標準化団体の1つである国際電子出版フォーラム (International Digital Publishing Forum, IDPF) が普及促進している公開された仕様の電子書籍用ファイル・フォーマット規格である。

英語圏では標準規格となっているらしい。一応、世界で同じハードウェアとして売っているVita(Vitaは当初からリージョンフリーとしてデザインされている)としては、そこをベースにしたって事なんだろう。

そして、逆に言えば「それ以外は対応しないよ」とも取れる。

そうい意味で、かなり限定的な形になってしまう様な気がするというか。

こういう所は、利用者側としてはいろんなフォーマットに対応して欲しいかな?とか思うんだけど、どうやらその予定はないと見た方が良さそうかも。



まぁ、これについては特に不満を述べるものでもなく。そういう方針なのねーという話で。



それはそれとして、一つ気になったことがあった。

EPUBフォーマット形式って判っているんならReader Store以外に対応する可能性もある?」

的な。


理想としては(Vitaの)「Reader」でそのまま「Reader Store」に移動してブラウザを起動する事無く買えるのが望ましい。そして、それを望むものではある。いちいちログインするの面倒だし。

でも、ブラウザ経由で電子書籍のデータをダウンロードできるのであれば、(その仕組み自体を利用すれば)他のEPUBフォーマットのデータも事実上読み込めるようになるんじゃね?みたいな。Reader Store以外で購入するという事も出来るようになるよなぁ?みたいな。

いや、別にブラウザ経由でなくてもコンテンツ管理アシスタント経由という可能性すらある。普通に。


まぁ、この辺りは詳しくない部分というか、ちょっと妄想入り過ぎなのでこの変この辺で停止。


ただまぁ、今のところ「コミックぐらいしかない」というのはやはり残念というか、偏りすぎというか。


あと、どうでもいい話としてコミックを拡大して読んでいると「○ボタンを押すたびに縦を3段で表示」してくれるということに気が付いた。任意スクロールも出来るけど。

これ、EPUBの設定で4段とかに出来るのかな?出来たら、4コママンガとか読みやすそうとか思った。ゲームとかのファンブックとかアンソロジーコミックとか、結構4コマとかあったりするから、そういうの面白そうジャンとか思った。



今後に期待したい感じ。いろいろと。

追記(2014/2/7)
Reader Store以外からの配信という意味では、「PS Store」からのダウンロードに「Reader for PlayStation Vita」のバージョンアップ(Ver.1.40)で対応した。実際、PS Storeでの配信も(事実上実験的にだろうけど)行われた。この辺りは今後に期待したいところ。
PS StoreからのReaderコンテンツの配信と特典の広がりについて (2014/1/10)