読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みた、こと。きいた、こと。

あとで、かく。ここは分館。記事一覧は「右メニュー」から。

Vitaでお絵かき「ペイントパーク」

なんか、ずいぶん久しぶりの更新になった感じ。まぁ、毎日書くとかそういうものでもないしね。ニュースサイトってワケじゃなし。みんいつとラグオデに忙しかったし!(いいわけ)

で、みんいつと言えば「トロステーション」。

今週のトロステーションを見ていたら、新しいVitaの機能について2つほど紹介されていた。で、そのうちのひとつについて今回は書いておく。

というか。

ずいぶん前にこんなエントリーを書いた。

関連記事

特に画像については現在は編集できないけど、カメラで撮影した写真やスクリーンショットの画像を、ペイントツールのレベルでいいので、スタンプや手書き文字やテキスト文字の追加編集できるだけでも、利用価値は大きく変わると思ってる。

と。

あ、これでスクリーンショットも出来たのね。前からこのタイトルは知ってたけど、そうだったのかー。

と、そんな話。


ペイントパークって

f:id:kenbot3:20120411210619j:plain
簡単に言えば「お絵かきツール」である。らしい。

いろんな絵を画面の上でタッチしながら書こう!そしてみんなで遊ぼう!という感じの。

無料。

先日の「マップ」と同じ感じで追加されるのか、みんいつみたいに別にダウンロードする形になるのかは不明だけど、トロステーションの内容を見る限りは「基本機能になるんじゃね」という気がしなくも無い。

というか、これぐらいは基本機能でいいと思うけどね。

うん。

主な遊び方として「ひとりでお絵かき」か「みんなでお絵かき」という感じ。


みんなでお絵かき?

なんか、そこだけ聞くと「おお?!ネットワークにつよいVitaだし、さぞかしすごい通信に違いない」とか思ったりもするが、どうやら「アドホック通信」にしか対応していないらしい。

しかも、同時最大6名との事で、その場に6人がVitaを持ち寄って遊ぶという。今の時点ではかなり「夢の様な」状況。なかなか無いよね。それ。まだ。3G/Wi-Fi版である必要もなく、Wi-Fi版でも同じ。

あと、みんなで絵を公開しあってその場で「みんなで投票が出来るよ」とかいっても、正直どうなのそれ?という気がしなくも無い。だって、最大6人参加だよ?ましてや2名とか3名とかの少人数では、偏るほどの人数じゃないし。

せめて、同時接続できなくとも、お題にしたがってオンラインにアップロードして発表できる感じなら投票も熱くなりそうなのに!!!とは思うんだけど、その辺りは「著作権」的なところの問題とかいろいろ有りそうだし、大人の事情的な配慮でNGなんだろうな~という気がしなくも無い。

まぁ、このアプリ単体でのオンライン対応という事ではなく、そういう用途についてはTwitterとかFacebookにVitaから直接アップロードするという感じがメインになるのかな?その内、イラスト系のSNSとかのアプリが出てきたりすれば事情が変わるかもしれないので、その取っ掛かりにはなっている感じと言うか。


ひとりでお絵かき。

f:id:kenbot3:20120411210759j:plain
で、個人的には結局この「ひとりでお絵かき」が一番メインというか、主要な使い方になるんだろうな?と、思う。少なくとも自分はそうなるだろう。

で、単なるペイントではなくて「スクリーンショットを取り込める」「カメラの画像を取り込める」というのがポイントのようだ。前にこのアプリの話を聞いていたときは、そこまでハッキリとは判っていなかったので、冒頭の様な話を書いていたんだけど、それが出来るのであればこれでかなり必要十分と言うか。

ゲーム内でのポイントをスクリーンショットで撮って、画像内にメモを残せるし、公開するに当たって消したいユーザIDなどもその場で、Vita上で消せるという意味では、かなり作業の負担が減る。

結構便利に使う人、多いんじゃないだろうか。

うん。


指で書くの、辛くね?

Vitaやスマホの静電式タッチパネルの場合は、感圧式と違ってペンが使えないと思われるが、確かにボールペンなどで代用できないというだけであって、静電式用のペンも売っていたりする。

ゲーム機コーナーではなく、スマホのコーナーで売っていたりする。ストラップ付きとか伸縮式とかいろいろある。ま、あんまり安くないけど。その内、Vitaの周辺機器としても登場するかもだけど。

そういう意味では、ホンキで絵を書きたい人、文字を書きたい人はペンを用意した方がいいかも知れない。

ただ、まだ使っていないからなんともいえないけど、指で書くのは大変だと思う。

うん。


まとめ

今まで、Vitaでは「画像」は4種類しかなかった。

  • カメラで撮影した画像
  • スクリーンショットで撮影した画像
  • ブラウザでダウンロードした画像
  • PCから転送した画像

そして、これらに何か加工・細工をしようと思ったらPCに持っていくぐらいしか方法がなかった。

正直、面倒だったと言えよう。

それが煩わしくなくなるという点では、このアプリは基本機能でいいんじゃないかな~と思う。

というか、これは正直うれしい機能な、気がする。まだ使ってないからなんとも言えないけど。

ファイル名とかも変えられたらいいんだけど、それはダメなんだろうな~。きっと。